コラム 佐々木 繁光

「腰椎5番の調整法」

更新日:

 

こんにちは、佐々木マニピュレーションドットコムの
佐々木 繁光(ささき しげみつ)です。

今回より、手技オンラインメルマガで執筆させて
頂くこととなりました。どうぞよろしくお願いします。

本日は、佐々木マニピュレーションより
「腰椎5番の調整法」についてお話させて頂きます。

まず初めに検査法の説明をいたします。

うつ伏せになり片足づつカエルの足のように開いてみます。
開きにくい方を患側とします。

良測(開きやすい方)から操作法を行います。

良測がわの腰椎5番の下の腰仙関節に術者の拇指を当てて
操作する側の足を上にして交差させます。(行う側の足を上に)

患者さんに息を吸っていただき吐く時に術者は体重移動で
患者さんの腰部へ回旋の刺激を与えます。

少し間を置き3回繰り返します。

次に患側がわを今度は患者さんに息を吸っていただき
止めてもらった時に回旋の刺激を与えます。

戻したときに息を吐いていただきます。
同じく間を置き3回繰り返します。

なぜ良測がわから行うか。

この理由は師匠の宮本先生によりますと、良側から行うことで
歪みを更に強くしてその次に患側を行うと
その反動で歪みが取れやすくなるということです。

腰椎5番の調整法なのにその下の腰仙関節で
なぜ行うのかと言いますと、解剖学の本とか
骨の模型を参照しますと腰仙関節から腰椎5番を
押し上げている状態になるようです。

ですから操作しやすいのですね。

この操法は腰椎5番の調整法となっていますが
股関節の調整をおこなっているとも言えます。

ですから股関節に症状を訴えている方に
多くこの操作法を用いています。

股関節に対する操法各種にこの腰椎5番の調整法を
用いると良い結果が出るのです。

股関節と膝は密接な関係を持っていますので検査を
して股関節の開きの左右差または股関節の開きが
悪くて膝の痛み等を訴えている方がいるということです。

股関節の動きが悪いとその下の関節である
膝に負担がかかります。

なぜかと言いますと股関節の可動域が少ないと
膝の動きでカバーすることになるからです。

または連動して足関節に負担がかかってきます。

その他腰椎5番に関わりがある、その上の背中、
首も楽になる可能性が出てきます。

人間の身体はその部分だけに影響が起こるのではなく
身体全体に作用するものだからです。

一言でいいますと連動しているということです。
詳しくはDVDをご覧いただければ幸いです。

↓↓↓こちら↓↓↓

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-コラム, 佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.