コラム 佐々木 繁光

「ディスクテクニック」

更新日:

 

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニュピュレーションテクニックの
「腰椎1~5番、仙腸関節、腰仙関節の検査法&操作法」
についてお話しさせていただきました。

今回も引き続き手技テクニックについて
お話しさせていただきます。

本日は、「ディスクテクニック」
についてです。

このテクニックは椎間板のテクニックと言う意味です。
飛び出た椎間板(椎間板ヘルニア)をもとの位置に戻すテクニック
と言う意味ですが実際元に戻るかどうかはわかりません。

宮本先生がそう名付けたので「ディスクテクニック」と呼んでいます。
今現在のテクニックは宮本先生が教えてくださったもの(原型)を
私がアレンジしたものです。

このテクニックは色々と使い道がありますが、
ギックリ腰に有効だというのは面白いと思いませんか?

ある日ギックリ腰に有効だということを私が発見したのです。

「ギックリ腰を起こしたので往診に来てもらえないか」
という依頼の電話があったのです。

往診に行ってみると、その患者さんは左を上にして寝ていました。
ギックリ腰の場合は大体痛い方を下にできないのが通常だと思います。

さあ、どうしたものかな~と数秒考えました。
そこでやってみようと思ったのが「ディスクテクニック」です。

正確に言いますとディスクテクニックに
操体法を合体させてしまったのです。

まずは膝を曲げた状態で膝を静かに少しずつ、
胸の方と胸とは反対の方向に他動的に動かしてみました。
(ギックリ腰ですので急激に動かしたりしたら激痛です)

膝を胸の方に引き付ける方が楽でした。
まあギックリ腰の場合は胸の方に引き付ける方が、
大概において楽な場合が多いです。

ここで背骨の横の圧痛点を見つけます。
そこを指で少し抑えて膝を楽な胸の方に少し引き付けてもらいます。
術者は少しその動きに逆らって抵抗を加えます。

ハイという合図で脱力してもらいます。
これを3回繰り返します。

何回も言いますが、
何せギックリ腰ですので、間をおいて休みながら3回行ってください。

驚いたことに行った後に仰向けになることができました。

そして違うテクニックが出来たのです。
その後立てるようになったので、
腰にサラシを巻いて固定して施術は終了しました。

一つの操法が閃いた瞬間です。

その患者さんは3日後には
歩いて私の治療院まで来られるぐらいになっていました。

是非、皆さんもそのような患者さんがいらっしゃいましたら、
試してみてはいかがでしょうか。
普通の腰痛にももちろん効果は抜群です。

詳しくは下記のDVDをご覧ください。

↓↓↓こちら↓↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-コラム, 佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2019 All Rights Reserved.