コラム 佐々木 繁光

「股関節調整法」

更新日:

 

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニュピュレーションテクニックの
「ディスクテクニック」
についてお話しさせていただきました。

今回も引き続き手技テクニックについて
お話させていただきます。

本日は、「股関節調整法」
についてです。

このテクニックは名前のごとく股関節を調整する方法です。
しかし股関節のみならず骨盤、腰椎(特に腰椎5番)の調整にもなります。

検査法としては股関節の開き具合、閉じ具合を検査します。
可動域を検査するということになります。

その他両膝を立てて膝の高さの違い、
どちらの膝がしらが前に出ているか等を検査しておきます。

もちろん腰椎にも骨盤にも影響がありますので
新正体法の腰椎と骨盤の動診を行って
記号で残しておくということも可能ですし、
記号として残るので患者さんへのインパクトも強いということになります。

調整を行った後、可動域がどのように変化したか、
膝の高低、膝がしらの位置を再検査します。
そして新正体法の再動診も行ってみてください。

ここでビフォーとアフターを患者さんに覚えていただくといいますか、
印象づける作業がとても重要です。

ただ単に術者が無言で行ったのと、
「どうですか?この感じでこの方向には動きますが、この方向には動きませんよね!」
というように印象付けることが非常に大切になってきます。

患者さんが分からないままに行うと、
どう変化したかが分かりようがないのです。
とても感受性が高い患者さんばかりだったら
施術者はとても楽でしょうけれども。

股関節を調整しますと膝の曲がりも良くなります。
施術する前に膝の屈伸をしてもらって、
施術後再び膝の屈伸を行ってみてもいいでしょう。

そして施術前と施術後に少し院内を歩いてもらうと、
違いがはっきりと分かります。

では施術法をご紹介いたします。

「股関節調整」
・仰向けになってもらい、両膝を立てていただきます。
この状態で、ひざの高さと膝がしらがどちらが前に出ているかを検出します。
片方づつ膝を反対側のソケイ部に合わせ、真下に膝を交互に押し下げます。

詳しくは下記のDVDをご覧ください。
佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

↓↓↓こちら↓↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-コラム, 佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.