コラム 佐々木 繁光

「坐骨神経調整法」

更新日:

 

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニュピュレーションテクニックの
「股関節調整法」
についてお話しさせていただきました。

今回も引き続き手技テクニックについて
お話させていただきます。

本日は、「坐骨神経調整法」
についてです。

このテクニックは名前の通り坐骨神経痛に有効な施術法です。

では坐骨神経痛とはいかなるものでしょうか。
坐骨神経に沿って痛み、しびれが走るものです。

走るという意味は痛み、しびれが移動するということです。

もう一つは、じっとしていても痛むことがあるということです。
更に付け加えますと昼間症状が出るタイプと、
夜症状が出るタイプとに別れることがあります。

この場合は自律神経失調症です。
この場合の治療法は「整神術」がとても効果的です。

ほかには立っているときに症状が現れる場合と、
横になった時に現れる場合があります。

この場合は腰椎1番~5番、仙腸関節、腰仙関節の検査法を行い、
その後症状が出ている各調整法を行うと非常に良い効果が現れるでしょう。

ではこの方法はどのような方に有効でしょうかという事をお話ししましょう。

まずはお年寄りなどにはとても有効です。
そして施術の仕上げにもよく私は使います。

ギックリ腰でいらした患者さんにも数回目の施術の後、
ほとんど改善が見られた場合最後の調整で用います。
普通の腰痛にももちろん有効ですので是非様々な方にお試しください。

施術をする方向性から言いますと、
脊柱管狭窄症にもとても効果を表すであろうと思われます。

この操法は背中を柔らかくするストレッチという動作なので、
背筋が伸びて姿勢がきれいになる可能性があります。
もちろん肩こりにも有効です。

リンパの流れも促進しますので歩いた時に重かった足が軽くなったり、
お腹の張りも取れたりしてきます。
便秘なども解消する可能性があります。

新正体法でこの坐骨神経痛を改善しようとするならば、
まず腰椎の回旋の歪み(R,L)を取り去った後、
猫背の矯正法(ブラン・ストン・スー体操)を用いると宜しいでしょう。

下記にその操作法を説明いたします。

「坐骨神経調整法」

・患者さんに仰向けになってもらいます。
術者は患者さんの両膝をそろえて十分に曲げ
(患者さんには全身特に膝から下、を脱力していていただきます。)
足がベッドから浮くぐらいに曲げる。

その両膝を患者さんのお腹の上あたりで8の字を描くように回す。
(5回ぐらい)

・同じく両膝を患者さんのお腹の方に曲げて、
次に膝を伸ばすという動作を3~5回繰り返します。

詳しくは下記のDVDをご覧ください。
佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

↓↓↓こちら↓↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-コラム, 佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.