コラム 古藤 格啓

失敗という前例に聞け

更新日:

 

先生、こんにちは。
ソレシカのコトーです。

そろそろ『K-style』ではなく、
『ソレシカ』のコトーというのが浸透してきましたでしょうか?(笑)
屋号を変えるということはいろいろ大変ですね。

さて前回の「成功という前例に頼らない」は
読んでいただけましたでしょうか?

↓見逃された先生はこちらからお読みいただけます↓
http://shugi-online.net/archives/1657/

今回はそれとは逆に「失敗という前例に聞け」ということについて
お話をしていきたいと思います。

突然ですがもしあなたが過去に戻れたらとしたら、
どの時点に戻って何をやり直したいですか?

・・・

私なら・・・

そのようなことはあまり考えません。
また「好きな時間に戻してあげるよ」と
タイムマシンを持っている人に言われても拒否すると思います。

だってもう一回やり直すの面倒じゃないですか?(笑)
もうあんな苦労したくないし。
もし肉体が若返るのはうれしいですけどね。

というのは冗談として、現在の自分の生き方を肯定できているから、
強くそのように思わないのかもしれませんね。
決して満足度が非常に高いからということではないのが悔しいのですが(笑)

もしあなたがそこで本気で、
「いつに戻りたいかな」「何を選択しなおそうかな 」
などと考えたとしたら

それは現在の状況に満足していない、
もしくは過去の失敗を消したいと思っている方かもしれません。

私もそういう過去はたくさんあります。
失敗を消すどころか自分がこの世から消えてしまいたい
と思ったことさえあります。

でも人というのはいつでも成功ばかりではないし、
失敗して成長するところに醍醐味があるのではないかと思っています。

成功体験は宝物です
でも失敗体験はもっともっと大きな宝物です。

それもいろんな人生経験を経て、
40代くらいになってから思うことかもしれません。

そう考えると若い頃から今までの成功体験も失敗体験も、
どちらも糧になっているのです。

でもよーく考えると失敗した体験のほうが、
未来へのヒントになることが多かったと
今になって思うことが多いです。

(成功体験はそれをなぞると大概前回よりも
結果が悪くなることのほうが多いと思います。
その成功体験にひとひねりを加えてこそ、
より大きな成功体験となるように感じています。)

今の私の考えの根幹になっているのは、
過去の失敗の体験ばかりです。

例えば・・・

・昔一緒に開業した先生が売り上げを勝手に私的流用
 → お金は追わない
・この症状の時にこれをやったからうまくいかなかった
 → 別の手技を選択する
・こういう言い回しをしたからクライアントが離れた
 → 違う言い方を考える
・ある先生のセミナーの時に言われたあの言葉に自信を無くさせられた
 → 自分は言わないようにする
・開業してからのいろいろな運営方法
 → 現在の独自の運営方法を生み出す
などなど。

DVDの中でも私は同業の先生にたくさん語りかけています。
それは過去に私が失敗しているからなのです。
皆さんが私と同じような失敗をしないために伝えているのです。

でも不思議とその時はわかったつもりでも、
いざ自分のことになると失敗するまで気が付かないという(苦笑)

僕は小さい頃から父親から社会に出たらこういうことに気をつけろよ、
こういう人には近づくなと言われていました。
父親としては同じ失敗をして欲しくなかったのでしょう。

しかしどうしても失敗してしまう。
そして失敗したときに
父親のあの時の言葉が頭をリフレインするのです(苦笑)

やはり失敗は自分で体験してこそ宝物なのです。

その時に先人の失敗体験を思い出しやっと理解できる。
そこに成長があるのではないでしょうか。

そして何かに迷った時、
惑わされた時などには自身が踏んでしまった失敗に聞けばいいのです。

そこにあなたの答えは詰まっている。
そこで出た答えに間違いはないのです。

その知恵こそがこの世の中を渡っていくための
あなたの武器なのです。

もしそういった失敗を嫌い格好良く生きようとして
「失敗というありがたい壁」を乗り越える作業を怠ると、
いつの間にか自信の無い、
自己肯定感の低い人間が出来上がってしまいます。

そういう失敗があるからこそうまく行った時の喜びがあるのです。
その喜びを噛み締めた時に自己肯定感が倍増するのです。

諸君!!喜んで失敗を受け入れようではないか!!

そして我々が踏んできた多くの失敗が、
この仕事では役に立つのです。
これだからこの仕事がやめられない(笑)

僕の失敗談を元に
クライアントを元気づけたり、笑わせたり、泣かせたりね。

お互い素晴らしい未来を創るために、
過去の失敗を受け入れて経験値を高めてこの仕事に邁進していきましょう。
その先には素晴らしい成長が待っています。

それではまた。

SOLECKA(ソレシカ)
古藤 格啓

■ことう式あたまの整体(R)古藤先生のDVD教材

▼ことう式あたまの整体セミナーDVD<前頭骨・後頭骨・鼻骨編>~頭蓋骨で全身を変化させる~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/E9KLEMUE/

▼ことう式あたまの整体セミナーDVD<顎関節編>~上顎骨、下顎骨、側頭骨から変化を与える~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/gClbuNXJ/

▼ことう式 あたまの整体セミナーDVD<蝶形骨・頭頂骨・側頭骨編>~頭蓋と呼吸の関係性及び頭蓋と全身の関係から身体を緩める~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/MivVawk3/

-コラム, 古藤 格啓

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.