コラム 古藤 格啓

常連のお店から学ぶ2

更新日:

 

先生、こんにちは。
ソレシカのコトーです。

湿度の高い日が続きますが体調はいかがでしょうか?
この時期は調子の悪いクライアントが増えていることと思います。
何よりもご自分の体調も整えてお過ごしください。

さて前回の続きです。

余談ですがこういった湿度の高い時期にこそ、
実はコーヒーは美味しく感じます。
湿度で味覚がずいぶんと変わるのです。
なのでこのように湿度の高い時期にこそ味わってください。

そして衝撃を受けたONIBUSのアイスラテ。

ここからは味にびっくりして、空き時間が出来るたびに訪れました。
毎回感動もののアイスラテを淹れてくれるのです。

そしてしばし通った後にアレンジしたオーダーをお願いしました。

僕は他のお店でもよくショットを追加します。
ショットの追加とは・・・
元々ONIBUSではエスプレッソが2ショット(2杯)入っているのですが、
それにさらにもう1ショット追加するのです。

そうすると苦味も増すのですが、またさらに味わいが深くなり
より濃いめのアイスラテになるのです。
つまり3ショット入ったアイスラテです。

ONIBUSでもこれをやってみました。
ここで自分にいちばん合うアイスラテの味を見つけました。
そこから4年近くこればかり(笑)

そこまで美味しいのです。
他のものも試してみようと思い、
途中でエスプレッソをそのまま飲んでみたり、
エスプレッソと同じ豆をホットコーヒーにして飲んでみたりしました。

しかしこれは僕の舌にはちょっと合わない。
というかそんなに好きな味ではありません。

なのでONIBUSならなんでもいいのか、ということでもないのです。
つまりONIBUSに行くのはショットを追加したアイスラテを飲みに行く
ということ以外理由はありません。

もちろん普段からいろんなお店で飲みますが、
やはり比較対象はONIBUSより美味しいか否か。
判断の基準がそこになってしまいました。

そこまで僕に印象づけたONIBUSのあの美味しさ。
これからもずっと通い続けるでしょうね。

こういった話から何がヒントになるのか?
この話を自分の院やサロンに置き換えて考えてみます。

カフェで出すコーヒーの味が自分の技術だと考えてみましょう。
いろんな整体や療術を受けてきたクライアントに対して
先生の技術で衝撃を与えていますか?

クライアントは潜在的に衝撃的な出会いを求めているのです。

それはどこに行っても改善しなかったカラダの不調が、
クライアント自身も想像すらしなかった状態まで
引き上げられるということです。

例えば・・・ちょっと触っただけで、頭蓋骨を施術されて、
手指を調整されて、などクライアントが今まで経験していない施術で
いきなり改善させてしまうようなことです。

テクニックの数ということでもないのですが、
直感的にどこを調整すれば改善が早いのか
そこを追求してクライアントの気持ちに衝撃を与えてください。

それにはあらゆる引き出しや勉強が必要です。
ひとつの療法しかしらないとそれはできないでしょう。
ひとりの先生にしかついていなかった先生も
そのやり方しか知らないというのではちょっと難しいかもしれません。

さらにいえば技術だけではないのです。
自分を律し人格を磨いていく、感性を高めるということも大事です。
魔法のようなテクニックは存在しませんので、
多方面から地道に自分を磨いてください。

これができていればクライアントも、
他の整体院やサロンにいくことはないはずです。

また自分の施術を受けたあとに他の整体に行ってみる、
というクライアントも多数いるはずです。
自分はその場にはいませんがその時が勝負です。

クライアント自身がやっぱりコトーの施術のほうがいい!
ということを実感してもらえればまた戻ってきます。
そして戻ってきたあとは離れないでしょう。

ONIBUSでも長い時間をかけて独自の焙煎方法を編み出し
それがあの味につながっているのです。

そして僕の中ではONIBUS以外の選択肢はないのです。
皆さんも自分の整体院やサロンのことをそう思ってもらいたくありませんか?

ずっと通っていただける関係ってすごいことですよ。

そしてそのONIBUSはたった数年であの間口の狭い小さなお店なのに
いまや全国のコーヒー愛好家に名前を知られるカフェになっています。

都内ではONIBUSの豆でコーヒーを出すところが増えてきました。
そしてONIBUSはいつの間にかコーヒー業界のブランドになりました。

しかもそこまで有名になっても、いまだに小さなお店で
以前とはスタンスを変えないところもかっこいいと思います。

それはどこにいっても飲めない
あの豆の独自焙煎の技術があってこそだったと思うのです。

こだわりの焙煎方法を創る。
こだわりのテクニックを創る。

同じことですね。

皆さんも自分自身しか出せない独特の味を出せるよう研究してください。
そして他と比べられないオリジナルな存在として『選ばれる療術家』になりましょう。
『常連のお店から学ぶ』はもうすこし続きがありますのでそれはまた次回。

SOLECKA(ソレシカ)
古藤 格啓

■ことう式あたまの整体(R)古藤先生のDVD教材

▼ことう式あたまの整体セミナーDVD<前頭骨・後頭骨・鼻骨編>~頭蓋骨で全身を変化させる~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/E9KLEMUE/

▼ことう式あたまの整体セミナーDVD<顎関節編>~上顎骨、下顎骨、側頭骨から変化を与える~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/gClbuNXJ/

▼ことう式 あたまの整体セミナーDVD<蝶形骨・頭頂骨・側頭骨編>~頭蓋と呼吸の関係性及び頭蓋と全身の関係から身体を緩める~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/MivVawk3/

-コラム, 古藤 格啓

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.