コラム 佐々木 繁光

「サービカル・スパイラル・テクニック」

更新日:

 

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニュピュレーションテクニックの
「サービカル・ツイスト・テクニック」
についてお話しさせていただきました。

今回も引き続き手技テクニックについて
お話させていただきます。

本日は、「サービカル・スパイラル・テクニック」
についてです。

このテクニックは、
寝違いなど首のトラブルに対して効果的なテクニックです。
一応全身の調整後、最後に座位で行う操法です。

寝違い(頸椎を痛めている)の場合動かすと強い痛みが出て、
よくして差し上げようとして、
最初から首の操作を直接行うことは避けてください。

しかし、ベッドに横になれないほど痛い場合は、
最初に軽く(絶対に軽くですよ!)行ってみてください。

そしてベッドに横になれたら全身の調整などを行い、
最後に再びこの操作法を行えばよろしいです。

あまり最初から首に対しての刺激を強く入れますと、
後になって痛みがひどくなる可能性が高いですのでご注意ください。

この様なことが首の施術の基本的なことで、大切なことなのです。
首の場合は最初から直接の操作法は避けたほうがいいわけです。

ここで、新正体法での私が考え出した操法を
ちょっとだけ紹介させていただきます。

まず首の左右、捻転、前後の順番で動きやすい方を調べます。
次に仰向けになりその順番で両足をそろえて足先を動かします。
最後に足を上に少し上げてストンっと落とします、これを3回繰り返します。

こんな少しの刺激で驚くほどの効果があがってしまうのです。
「首の歪みは足先で取る」です。

仰向けになれない方でも座位の状態で足先を動かすだけで、
首の痛みが楽になるということはすでに実験済みです。

では私がどのように首を痛めた方を施術するかと言いますと、
まず「整神術」もしくは「延命学」で全身の調整を行います。

次に腰椎の2番が首と関係をしていますので、刺激を入れます。

次に先に紹介いたしました、
「サービカル8・T」「サービカル・TT」を行います。
最後に座位でこの「サービカル・スパイラル・テクニック」を行います。

この操作を行えば驚くほどの効果が得られます。
どうぞお試しください。

以下、その操作法を紹介いたします。

「サービカル・スパイラル・テクニック」

・座ってもらい(腰かけてもOK)首を大きくどちらかに回してもらう。
痛いとかひっかかったところで止めてもらい、
術者は圧痛点を探して母指で押さえ反対方向に浮かしてもらい、
少し抵抗を加えてスパッと力を抜かせる。

これを反対回転でも行う。

この操作法は下記のDVDに詳しく掲載されています。
どうぞご覧になってみてください。

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

↓↓↓こちら↓↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-コラム, 佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.