コラム 古藤 格啓

『公私混同のススメ』その2

更新日:

 

先生、こんにちは。
ソレシカのコトーです。

プロ野球日本シリーズは広島カープを下して
日本ハムが2016年度日本一という結果になりました。

近年稀に見る好試合の連続で、僕もつられてほぼ全ての試合を
テレビ観戦してしまいました。
最高の試合の連続で野球ファンをうならせたのではないでしょうか。

でも実は・・・最終戦まで持ち込んで
黒田×大谷で黒田の花道が見たかったというのが本音でしたが(笑)

さて前回のつづきです。

開業してから何が変わったか。
それは仕事とプライベートの区別が
いろんな意味でなくなったことです。

良い点、悪い点あり一長一短ですが(苦笑)
僕の人生で起こったそのあたりの流れなど。

開業前の僕のマインドはこんな感じでした。

会社員の時代のように与えられた仕事だと、
自分のやりがいというものが感じられませんでした。

誰のために働いて誰から給料をもらっているのか。
それすら見えない仕事とは何なのか?

特に最初の会社を辞めて2つ目の会社にいた時の話です。

僕にとっては会社は軍隊、自分は兵隊。
そこで討ち死にしようとも誰も何も思ってくれない、
とまで考えていました。

実際に社内の人が倒れたと聞いても、
周りの人間はそれほど何も思っていない、
むしろしめしめと感じている人をみると虫酸が走りました。

そして残業などはストレスの極み。
自分のミスや仕事の量をこなせないのならまだ納得はいくのですが、
社内の不手際や上司が自分の売り上げを上げるための
身勝手な人の使い方での「残業をやらされた」時などはもう…(笑)

それと独立した行動が好きな僕にとって、
部署やフロアの人間とアフターで飲みに行くというのは、
自分の時間が奪われる行為でしかありませんでした。

新人なのに飲み会を避けて誘いをかいくぐって、
自分のための時間にしました。

大体において飲みに行っても
社内のうわさ話、悪口、社内のパワーバランスの話ばかり。

最後には「お前はどっちにつく?」
こっちに来い、あっちにいると上に行けないぞ…

そんなどうでもいい話に付き合わされてしまいには割り勘(苦笑)
それじゃ誰も付いて来ないだろー、みたいな。

僕は少なくともそんなおじさんには
なりたくないと思い生きてきました(笑)

今ではあの経験も反面教師として感謝していますが、
当時は苦しくて苦しくてどうしようもありませんでした。

それはどれも自分の意思ではなかったからです。

だからこそ仕事とプライベートを完全に分けなければ
やっていけなかったのです。

しかし開業してみるとどうでしょう。
自分で決めた道の仕事であれば「残業」という概念は消えてしまいました。

やればやるほど自分の稼ぎになる。
やればやるほど人とつながる。
やればやるほど実力や経験値が上がっていく。

そこで起こることのほとんどが自分にとって
プラスになることのオンパレードなのです。

こんなに楽しいことはありませんでした。

それが度を過ぎてしまい体調を崩すことになるのですが…
それは一旦置いといて。

それだけに休みの日を削って仕事をしても、
毎晩22時過ぎまで営業していても基本楽しいのです。

そこで気が付いたことは、
自分の意思決定により歩む人生は
彩りが違うということでした。

歩いている街の風景も
何もないのに踊っているような楽しい気持ちも
会社員の頃には決して味わえないものでした。

自分のやりたいことをやるということはこんなに人生が変わるんだ、
そう思いました。

自分の決めた場所で
自分の決めた屋号で
自分の決めた時間で
自分に合った人と
自分の判断で人を診て
自分の技術で食っていく
ということ。

開業してからこれでやっと自分の人生を手に入れたと
思えるようになりました。

こうなると趣味は仕事で仕事が遊び。
こうやって仕事と遊びが融合してしまい
公私混同が激しくなってきます。

開業して1年目のことです。

するとおもしろい現象が。
仕事は仕事と区切っていたときにはなかったことが
いろいろと起きてくるのです。

最終的にはブログでも仕事のことや
人体に関することは一切書かずに
遊びのこと、趣味のこと、日々の雑感などを書いているうちに

その記事を読んでおもしろいヤツだと思ってくださった方たちが
どんどん新規で入ってきました。

そして予約が取れない整体院という認識が
地元でも出てきたのが開業2年目頃です。

一生懸命自分の技術をアピールするよりも、
自分の考えていることや日々の遊びのことを書いている方が
ネット上では明らかに反応がいいのです。

そして気がついたのですが、そっちのモードに入ってからの方が
明らかに毎月の売上げがいいのです。

え?遊んでること書いてるだけなんだけど?
そうやってブログ中毒とも言える仕事振りを発揮し(笑)
現在にもつながるような顧客を掴んできました。

そんな感じのまま開業して13年目になります。

もちろん公私混同しているが故の苦しさや窮屈さも時折感じますが、
所詮は好きな仕事。

家でも人のカラダを研究して
サロンでもキャラを存分に発揮して
たくさんの人とのご縁を大切にし
経営も考え
家族のことも考えて
仕事を楽しむということ。

療術家が幸せに過ごすために
コトーは皆様にハッピーな公私混同をオススメ致します。

SOLECKA(ソレシカ)
古藤 格啓

■ことう式あたまの整体(R)古藤先生のDVD教材

▼ことう式あたまの整体セミナーDVD<前頭骨・後頭骨・鼻骨編>~頭蓋骨で全身を変化させる~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/E9KLEMUE/

▼ことう式あたまの整体セミナーDVD<顎関節編>~上顎骨、下顎骨、側頭骨から変化を与える~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/gClbuNXJ/

▼ことう式 あたまの整体セミナーDVD<蝶形骨・頭頂骨・側頭骨編>~頭蓋と呼吸の関係性及び頭蓋と全身の関係から身体を緩める~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/MivVawk3/

-コラム, 古藤 格啓

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.