コラム 橋本 典之

成長していく過程ではまりやすい罠

更新日:

 

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「凡夫と名人の違い」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「成長していく過程ではまりやすい罠」
についてお話しさせていただきたいと思います。

触らない治療をなぜやっているのか?
なぜ触らないのか?
触ったっていいじゃないか!

恐らく、読者の皆さんはそう思っているはずですよね。

実を言うと、僕は触ってもいいと思っています。
触らないでも治ることを皆に知ってもらうことで、
もっと大事なところに気づいてもらえたらいいな。。と感じています。

人は人を癒すときに、どうしても手段を選びますが、
その手段に囚われることによって一番大事なことを忘れているからです。

その一番大事なこととは、「心」です。
それは「相手を思いやる」という優しい愛です。

手段なんてなんでもいいと思っています。
マッサージでも、針でも、お灸でも、カイロでも、整体
なんでもOKです。

そこに「心」が乗っかっていればなんでも良いのだと思います。

人は多くのものを学び、経験し、成長していく過程において、
どうしても罠にはまってしまいがちなのです。

その罠とは、「傲慢」という罠です。

その「傲慢」という罠は、なかなか気づかないもので、
テクニックに行き詰まりを感じると、
もっと凄いテクニックを求めるという罠にはまってしまうのです。

しかし、「凄いテクニック」というものが実際に存在しているのでしょうか?
いくら探してもどこにもないのです。

本当はあるのかもしれませんが、ご自身の心がそこに乗っからなければ、
どんなに素晴らしいテクニックも「ただのやり方」でしかないという事です。

先生方の精神性の向上と、テクニックの向上と言うのは、車の両輪なのだと思います。
このバランスが偏ることで治療の成果が違ってくることもあるという事です。

セミナーで多くの先生方とお会いする機会がありますが、
殆どの先生方の身体の状態ははっきり言って「良くない」です。

なぜ良くないのか?

意識や潜在意識には、しっかりとその原因は刻まれていて、
いまだに癒されていないからに他なりません。

精神性の向上とは、自らの心と向き合うことからでしか
変化を与えることは出来ないのです。

クライアントとの心のこもった治療が唯一、
自らの心と向き合うチャンスなのではないでしょうか?

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

■ソーラ・ヒーリング(R)ドットコム 橋本先生のDVD教材

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/t74qC9G4/

-コラム, 橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.