コラム 橋本 典之

「無意識につけている足かせ」

更新日:

 

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「成長していく過程ではまりやすい罠」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「無意識につけている足かせ」
についてお話しさせていただきたいと思います。

僕が主催するヒーリングセミナーの中で、
はじめて受講する方に必ず学んでもらっている、
「調和1」というカテゴリーのセミナーがあります。

僕のヒーリングの一番ベーシックとなるものを
お伝えするセミナーです。

先日、このセミナーが終わったばかりなのですが、、、
今回のメルマガでは、そこでの気づきをシェアしたいと思います。

このセミナーでは、ヒーリングができるようになるのはもちろんの事、
今後の治療人生が楽になるような講義も含まれています。

それは、どのようなものかと言うと、
無意識で自分に足かせをつけて治療している先生方が多いという事です。

実際にはそれほど「足かせ」をつけて治療している
という感覚は無いと思いますが、知らず知らずのうちに、

自分を追い込む思考や、自分を犠牲にする思考、
自分勝手な自己保身な思考と言うものに
自分自身が犯されていくという事です。

こう僕が語っても、
「そんなの知らん」「そんなことはない」
と思う人も居るかと思います。

でも、今はそれほど実感がなくても、
いずれあなたも歳をとり、身体のどこかが調子が悪くなり、
自分の身体も思う様にならない時が必ず来る。

その時に、先ほど言った、
「足かせ」が弱った身体にずしんと響くのです。

「今が良ければよい」と言う現実を追った思考もいいでしょうが、
歳をとって思い通りにいかない身体になったとき、
心のどこかでは「理想」と言うものが芽を吹き始める日が来ます。

そうなった時では遅いように思っています。
人は「現実」に押しつぶされて、
「理想」を見失ってしまうものです。

お金を追っていると、本当に自分がやりたいことは後回し
という事になってくるのです。

だからもっと先を見て、自分の人生の最後はどうなりたいのか?
という事に少しは意識を向けられると良いと思います。

調和セミナーでは、思考が身体に影響することをリアルに学び、
痛みや症状、病気の根本を知ることになるのですが、

それを知ることで、自分の力の限界をしり、
謙虚になることで自身に「足かせ」をつけることをしなくなるのです。

「体の仕組みを知らない」という無知が
治療家を苦しめるという事を学び、現実と戦いながら、
理想を追い求める実践の場となるのです。

「あなたは今、ハッピーですか?」
そう質問されて、どれだけの治療家の方が
「ハッピー!」だと即答できるのだろうか?

恐らくそんなに多くは無いと思うが・・・

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

■ソーラ・ヒーリング(R)ドットコム 橋本先生のDVD教材

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/t74qC9G4/

-コラム, 橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.