コラム 橋本 典之

「肉体と精神のバランスがとれた治療」

更新日:

 

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「フィジカルとメンタルの関係性」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「肉体と精神のバランスをとれた治療」
についてお話しさせていただきたいと思います。

このメルマガを読まれているのは
治療家の方々が多いと思います。

確かに、手技療法はとても重要で、痛みや苦しみを抱えている人を
楽にしてあげられる方法なのだと思っています。

苦しむ人たちは、今現実にある痛みから解放されたら
どれほど元気づき、やる気が起きるだろうか?
その貢献度は計り知れないと思います。

しかし、いくら痛みや体の不具合が改善されても、
今まで通りの使い方をしていたらいずれ再発するだろうし、
それでは薬や手術とそれほど変わりはないと感じてしまうのは変だろうか?

僕が接骨院をやっているときに、何が一番頭にきたのかと言うと、
「クライアントが再発して戻ってきた時」です。

まあ僕も傲慢だったので、
「せっかく治してあげたのに」「苦しみから救ってあげたのに」
という思いが強かったのもありますけど、

クライアントの身体の使い方が雑すぎていることや、
何も考えずに身体を酷使していることに対しいつも頭に来ていましたね。
人にはいろんな状況があって仕方がないこともあるだろうけどね。。。

テクニックに頼りすぎて、心を見ていないと
クライアントのそんな対応にも
いちいち目くじらを立てている自分がいる。

心に対し、何もできない自分に対しても
やりきれない気持ちが沸き上がる。

僕はそんな自分自身にも嫌気がさしていたんです。
心は重要なんだとわかっていても、
現実はなかなか思う様には出来ないものです。

もっと、肉体と精神のバランスがとれた治療が出来たらいいのにと、
ずっと考えていました。

肉体と精神のウエイトのバランスが
極端に肉体に傾いているのが一般の先生方なのです。

もっと心に意識してみたら先生方の見える世界も違って来る筈で、
心が与える身体の影響ってすごいんだ!
って思ってくれるはずだと思っている。

皆さんは、あまりにも身体に囚われすぎて、
心の重要さに本当の意味では気づいていない。

心は大事だって、色んな所で言っているから、
分かっているつもりでいるかも知れませんが、
知っているだけに過ぎないのです。

なぜなら、クライアントを「心」からアプローチして、
身体の変化を起こし、症状を改善するという経験がないからです。

経験がなかったら、いくら「心」が大事だってクライアントに力説したって、
そこに信念がないから、クライアントの心にも響いていくことは無いでしょう。

決して、手技療法を否定しているのではないですよ。

やり方に拘るのではなく、心のあり方にもう少し意識を向けてみたら、
現象はもっと変化することを伝えたいだけです。

意識の持ち方ひとつで先生方の役割の幅が広がっていき、
いままで対象外だった人たちが集うようになってくるでしょう。

痛みや症状はなぜそこに存在しているのか?
何をクライアントに訴えているのか?・・・

そこをクライアントの身になって一緒に考えてみてください。
寄り添うことで何かヒントがあるはずですから。

頑張ってみてください。

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

■ソーラ・ヒーリング(R)ドットコム 橋本先生のDVD教材

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/t74qC9G4/

-コラム, 橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.