コラム 佐々木 繁光

「小俣歩行調整法」

更新日:

 

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニピュレーションテクニックの
「足関節調整法3種類」
についてお話しさせていただきました。

本日は、「小俣歩行調整法」です。

この調整法はズバリ、お年寄りの方に最適です。
股関節の柔軟性と仙骨付近の可動域を上げるのです。

ここですべの操法をするにあたっての極意を申し上げておきます。
術者はあまり真剣に、そして頑張らないでください。

と言いますのは大体の操法の共通点(私のテクニック以外でも
当てはまるとは思いますが)は脱力にあるからです。
この脱力するというのが難しいのですね。

それで私は真剣にならないようにとか、
頑張らないようにとか表現をしています。

決していい加減に行ってくださいという意味ではありません。
ここのところを間違わないようにしてください。

そもそも各操法は確実に的確に行えばいいのでありまして、
その操法を完全にできないのに頑張ったところで
いい結果は出ないということです。

気楽に楽しんで行ったほうが、
力が抜けていいかもしれませんね。

楽しむというと、受けてくださる患者さん、
特につらい症状の方には申し訳がないのですが、

私はかえって重症の患者さんを施術することを
楽しんでしまうところがあります。

どのように施術しようかとワクワクしてしまうところがあるのです。

ですから、そのような時(重症な方を施術しているとき)に
新しいテクニックを編み出してしまいます。

もう一つ操法を行う上で大切なのは
何の為にその操法を行うか、ということです。

このところを間違えると刺激の入れ方等が、
だいぶ違ってきてしまいます。

小俣歩行調整法は大きく分けて、
2つのテクニックから構成されています。

一つ目は仙骨(主に仙骨孔)
ここに2種類の刺激を与えます。

一種類目は手の指を立てて指のところでタタタタタと刺激を与えます。

2種類目は仙骨を手のひらで圧迫して
(この圧迫はそれほど強くはありません)

その次に素早くスパっと圧迫を抜きます。
(いわゆる抜き圧ということを手のひらで行います)

2つ目のテクニックはうつ伏せの状態のまま、
環跳のツボあたりを横から左右同時に強く押し、
瞬間的にスパっと放します。

この操法の後はみなさん歩幅が広がり
快適に歩くようになりますので是非お試しください。

この操作法は下記のDVDに詳しく掲載されていますので、

どうぞご参考にしてください。

↓↓↓こちら↓↓↓

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

こちら→ http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-コラム, 佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.