コラム 橋本 典之

「これまでの治療法は『傲慢』でしかない」

更新日:

 

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「治療やヒーリングの概念」を

お話しさせていただきましたが、
今回は「これまでの治療法は『傲慢』でしかない」
についてお話しさせていただきたいと思います。

治療の歴史は自然治癒力をいかに引き出すのか?
という事の探求の繰り返しだったのだと思います。

自然治癒力という言葉はありますが、
実際に見ることは出来ませんから
存在はしないのかもしれません。

その見たこともない、見えない力を治療家は
「どうにかしよう」「思い通りにしたい」
と願い切磋琢磨をしてきたのです。

「見えない力」「あるのかどうなのかも分からない力を思い通りにしたい」
という強い思いは、多くの施術を生み続け、
今なお開発され続けているのだと思います。

僕はエネルギー施術を長年研究してきて言えることがあります。
それは、過去から今まで延々と続く治療法は
「傲慢」でしかないという事です。(ゴメンナサイ)

傲慢とは、自分の想い通りに自然治癒力を出させるという
思いの事を言っています。

治療家としては自然治癒力を出させることは当たり前です。
しかし、その思いが「傲慢」だと僕は言っています。

なぜ「傲慢」なのか?

それは媒体としての視点から出る思いです。
媒体として何が一番よくないのかと言うと、
物事の本質から逆らうことが一番いけないのです。

媒体とは、自然と調和した存在になることであり、
自分の想いを持つことも媒体を乱す行為になります。

物事の良い悪いを評価せず、自分の意見をいう事もなく
全てにおいて調和されたものを言います。

「自然治癒力」を思い通りにするという行為は、
「自分」という思いが主にあり、
決して調和されたものではなくなってきます。

治療家としては当たり前の行為なのですが、
その思いが逆に媒体の質を下げることを多くの人は知りません。

自然治癒力は、治療家自身がなんとか操作できるものではなく、
ほんの少し手を貸すくらいの行為しかできないというのが本質です。

もしクライアントが100%回復できたとします。。。

その時に治療家のやったことは
たった1%程度のことだと僕は思っています。

全ての治る力「自然治癒力」はクライアントの中にしか
存在しないというのが本当の事であります。

「自然治癒力」という見えない存在を過去から今までずっと
治療法で追い求めた人は数知れずいたと思いますが、
何回と生まれたとしても自らの内に見つかるものではないのです。

その人の心の奥深くに存在する「偉大な力」の発動は、
その本人に掛かっているという事が本質です。

その「偉大な力」は本人に「意志」という強い力によって
引き出されるというのが本当の事だと思います。

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

■ソーラ・ヒーリング(R)ドットコム 橋本先生のDVD教材

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/t74qC9G4/

-コラム, 橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.