コラム 古藤 格啓

『組織の鍛え方』

更新日:

 

先生、こんにちは。
ソレシカのコトーです。

今シーズンのプロ野球のパ・リーグですが、
僕が大ファンのライオンズはパ・リーグ優勝を逃しました。
しかしクライマックスシリーズには出場決定。
下から煽ってパ・リーグの優勝を勝ち取りたいですね。

今年は開幕戦を札幌まで遠征して(!!)観戦したのですが、
開幕戦からここ数年感じないほどのいい予感がしました。

もしかすると春先は贔屓チームへの期待から
なんとなくそう思ってしまいがちですが
今年は別でした(笑)
明らかに違う。

監督が変わっただけで野手の戦力はほぼ変わらず。
ただ投手陣はエースの岸選手が残念ながらFAで楽天に移籍。
ライオンズのエースが移籍してしまうという驚きも手伝い
大幅な戦力ダウンでした。

その分菊池雄星選手が大躍進。
ライオンズの新エースの座をもぎ取りました。

そして野手に源田選手という社会人あがりの
若いショートが完全にレギュラーを取る大活躍。

そこまで期待されていなかったとは思うのですが、
キャンプの時から辻監督がマンツーマンで指導し一気に開花。
新人にしては驚きの結果を残すことになりました。

辻監督が見極めてキャンプで鍛え上げたこの選手のおかげで、
ライオンズがAクラス入りしたことは誰が見ても明らかです。

たったひとりのプレイヤーが育っただけで
ここまで変わってしまうんですね。
これもチームスポーツの醍醐味かもしれません。

そしてエースがひとり抜けてもなんとなく他の選手が活躍して
カバーできてしまった2017シーズンでしたが、
やはり投手力が落ちたのはどうにもなりませんでした。

これで岸選手が残っていたら
もっといい結果だったと思います。
来シーズンはとにかく投手を補強して
戦力を整えて欲しいものです。

野球を見ていておもしろいのは
華麗なプレーや強い弱いもあるのですが
プレー中の駆け引きや試合を通して感じる人間力。

選手の気持ちや意地、悔しさなどが
どうしても表れてしまうような
その人間模様を見ているのが好きなのかなぁと思います。

今年のライオンズは昨年までの
田辺監督から辻監督に変わりました。

田辺、辻の両監督ともに
僕が子供の頃のライオンズの不動のレギュラー。

あの地味なふたりが監督かぁ…
とにかくこの両選手がいた時には
毎年のように優勝しておりました。

名選手は監督には不向きだとよく言われます。

しかし他にもこの最強の時代の選手では
秋山、伊東、工藤、石毛などが他のチームの監督を、
ライオンズの監督は渡辺が務め

さらに各チームのコーチには
やはりこの時代のライオンズの選手が務めています。
凄いことです。

田辺監督はチーム事情により無理やり格上げされて
監督になってしまったのでどうもやる気が見えない。
本人も言っていたが(笑)性格が監督には向いていない。
守備コーチなら最高でしょうね。

それもあって田辺監督になってからというもの
チームがBクラスに突入したままAクラスが遠のいてしまいました。
これは田辺監督ではなく彼を監督にした
フロントの問題でもあったような気がします。

しかし今年は中日でコーチをやっていた
辻監督がライオンズに戻ってきて
いきなりチームが明るくなり単純に強くなった。

野球がわからない方もいると思うので別の例えを。
例えばオーナーがいて整体院なり
接骨院なりの院長に例えるとわかりやすいかもしれません。

引っ込み思案でシャイ、人とコミュニケーションが不得意だけど
勤続年数も長い経験豊富なベテラン整体師。
そんな人がオーナーの指名で突然院長に任命された感じ。
もちろん本人も向いてないのは百も承知。

その院長になってから院の雰囲気は
明らかに暗くなりスタッフ全員がバラバラの行動。
受付と施術スタッフの息が合わない。

そうなるとその空気感がクライアントにも伝わってしまう。
さらには施術の結果も出なくなり失客につながる悪循環。

これでは店舗を維持するのも大変ですね。

そこでスタッフをマネージメントする店長を
店長に向いている人に替えるとどうなるか。

一概には言えないが以前よりは元気が出る雰囲気作りができて
クライアントもついてきやすい状況が整うのは明らか。

やはりポジションには合う合わないはあると思います。

適材適所とはよく言ったものです。

組織の長やリーダーシップを取れる人間がいないと
組織はうまく回せないですね。

リーダーは経験豊富なだけでなく
スタッフの人心掌握術に長けた人を据えるだけで
明らかにかわります。

それぞれの若手選手と密なコミュニケーションを取り
上手に力を伸ばしていく。

多人数の関係をスムーズにするのは
グループでいきなりひとつになろう!
ではなくそのグループの中のそれぞれの人と人が
それぞれ1対1の関係を作っていくこと。

そうすることでいつのまにか
ネットワークを張り巡らせたような、
例えば蜘蛛の巣のようにしなやかだけど張りのある
とても強い人間関係が出来上がります。

しなやかだけど張りがあるというのは
お互いを思いやりながらも良い意味の緊張感が
張り巡らされた状態のこと。

組織を鍛え上げるには院長とスタッフ個々人が
まずは1対1の関係を時間をかけて丁寧に作ることが
組織に活気を与え上向きにしていく近道だと思います。

さらには若手を積極的に信頼して起用し続けること。
失敗しても使い続けた若手が多かった。
それは現場での本番を通した教育ですね。

その結果レギュラーを掴み取った若手(山川、外崎、源田、金子、
岡田、坂田、平井など)が何人も出てきて
今年の結果に繋がりました。

今年の辻監督のやり方を見ていると
どの仕事にも通用する組織の鍛え方だなと
感心させられました。

スタッフを雇っている先生、
ぜひ野球を観て組織を強くしてくださいね(笑)

次回も野球関連のお話をさせていただきます。

SOLECKA(ソレシカ)
古藤 格啓

■ことう式あたまの整体(R)古藤先生のDVD教材

▼ことう式あたまの整体セミナーDVD<前頭骨・後頭骨・鼻骨編>~頭蓋骨で全身を変化させる~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/E9KLEMUE/

▼ことう式あたまの整体セミナーDVD<顎関節編>~上顎骨、下顎骨、側頭骨から変化を与える~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/gClbuNXJ/

▼ことう式 あたまの整体セミナーDVD<蝶形骨・頭頂骨・側頭骨編>~頭蓋と呼吸の関係性及び頭蓋と全身の関係から身体を緩める~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/MivVawk3/

-コラム, 古藤 格啓

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2019 All Rights Reserved.