コラム 茨木 英光

ライバルは誰?

更新日:

先生、こんにちは。
茨木英光です。

「自信のある治療家になるためにはどうすれば良いでしょうか。」
このようなご相談を受けることがよくあります。

今日はその答えのひとつとして、
自分のライバルは誰なのかについて
考えてみたいと思います。

私の場合、ライバルは「薬」です。

もちろん薬というのは
世界中が多大な恩恵を受けています。
特に新型の感染症などに対しては
薬しか方法がないくらいです。

しかし一方で薬の乱用も問題となっています。
腰痛の原因の8割は原因不明などと言われたりもしますが、
腰痛は椎間関節が下がって起こるのです。

これはレントゲンで見てもごく僅かな下方変位のため、
メディカルの世界では原因不明とか
ストレスだとか言われるのですが、

私たち手技療法家は触ればすぐに分かります。
痛い箇所の椎間関節は重なり合って硬く膨らんでいます。

この状態でいくら痛み止めを飲んでも治りません。
しかし下がった関節を元の位置へと持ち上げれば、
腰痛はその場で解消します。

頭痛はどうでしょうか。
MRIで異常のない頭痛であれば痛み止めを飲み、
それでも良くならなければ精神的な問題として
心療内科を勧められます。

そこでさらに向精神薬の量が増えて、
頭が働かなくなる患者様が
私どもの治療院に多くお越しになります。

これも手技療法の観点からしたらすぐに理解ができます。
姿勢が悪くなると猫背となり顎が突き出た姿勢となります。

すると環椎と後頭骨が連動して前方にすべって、
頭蓋内の脳脊髄液の排水が低下するのです。

この前方すべりが頭蓋内圧の上昇を引き起こして、
脳を圧迫して頭痛が起こるのです。

また、眼球は胎内で形成されるとき、
視神経が伸びて水晶体を覆うようにして完成されますから、
視神経鞘とは脳硬膜の続きなのです。
ですから眼圧とは脳圧なのです。

それが証拠に前方すべりを調整すると
眼圧はすぐに下ります。

以前パイロットの方がお越しになって
社内の検査で眼圧が高いので
フライトが許可されないとのことでした。

前方すべりの調整をすることによって
2回の施術で眼圧は適正に戻り
フライトが許可されました。

環椎と後頭骨の位置を整えると
脊柱管が広がって脳脊髄液は
頭蓋内から流れ始めますから
頭の圧迫感も眼の奥の痛みも眼圧も
すべて解消されるわけです。

このように手技療法とは原因を深く追求できることと
患者様をその場で改善することのできる
とても優れた療法なのです。

私は日本の手技療法こそ
世界一の素晴らしい技術力を持っていると思っています。
アメリカにも決して負けていません。

この優れた日本の手技療法を
患者様に対しても、若い治療家の先生の育成にも
わかりやすくお伝えしていくことが
私の使命だと考えています。

そして私たち手技療法家は
「薬を飲み続けても効かない」と困っている全国の方に
もっとお役に立てる存在だと思っています。

このメールを読んで下さっている先生も
大きな使命感をもって仕事に取り組んで
おられることと思います。

だからライバルが近隣治療院というのは
非常にもったいないことなのです。
ライバルが近隣治療院だと、
すぐにそこの真似をしたくなってしまいます。

すると治療メニューが似通ってしまって、
先生の大切な個性が生かせなくなってしまいます。

もし、今ご自分の治療に迷いがあるとしたら、
いっそのこと本当に心が燃え上がる治療内容を深く貫きましょう。
そして大きな使命感をもって取り組ましょう。

その上で商圏を近隣から全国へと広げれば良いのです。

今は電話帳で調べる時代とは違って、
ホームページやブログなどに
先生の熱い使命感をしっかりと伝えて行けば
患者様は新幹線に乗って遠方から来てくださいます。

それも一人や二人ではありません。
そうなれば近隣治療院のことは全く気にならなくなります。

自分のライバルが誰なのか。
改めて考えてみるとそこから
自分の使命感や情熱が再発見できると思います。

だから今自信がなくても大丈夫です。
ドバーッッと熱いハートをぜひ全国に向けて発信して
多くの患者様を助けてあげて下さい。

ありがとうございます。

関節マスタードットコム
茨木英光

■その他の関節マスター茨木英光のDVD教材

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<腰椎・骨盤編>

⇒  http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionyousui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<頚椎・胸椎編>

⇒ http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionkeitui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<下肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-youtu-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスセミナーDVD <脳・脊髄編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅡ セミナーDVD<顎関節・頭蓋骨編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance2.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅢセミナーDVD<出産・美容骨盤編>

⇒ http://shugi-online.com/s-kotuban-doublemotionadvance3.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<腰部・下肢編>~筋肉の変位を元の位置に戻す~

⇒ http://shugi-online.com/mmt1.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<頚部・上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/mmt2.php

-コラム, 茨木 英光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.