コラム 佐々木 繁光

「大腸、小腸のツボ」

更新日:

 

前回は、佐々木マニピュレーションテクニックの
「腰の前後運動操作法」
についてお話しさせていただきました。

本日は、「大腸、小腸のツボ」です。

大腸の位置は仰向けでも、
椅子に腰かけてでもいいですが

膝を直角に曲げて太ももの内側、
縫工筋と大腿直筋の間あたりの
硬い部分にコンタクトをします。

両足にあります。

小腸のツボは同じく仰向けでも、
椅子に腰かけてでもいいですが

膝を直角に曲げて太ももの内側、
縫工筋中央部あたりの硬い所に
コンタクトをします。

これも両足にあります。

ヒトが食べたものは、
体内で分解(消化)されて
栄養分が吸収され、
最後には便として排出されます。

この一連の活動が行われる、
口から肛門まで続く1本のつながった管を
「消化管」と呼びます。

大腸は、この消化管の一部で
肛門の直前にあります。

食べ物の栄養分のほとんどが、
先に消化活動を行う小腸で吸収され、
栄養分がほとんどない
ドロドロしたものが大腸へ送られてきます。

大腸の主な役割は、
食べ物の栄養分の残りと水分を吸収し、
そのほかの成分を肛門へと運ぶことです。

肛門へ運ばれる頃には、
水分のほとんどが吸収されて硬くなり、
便ができあがっています。
大腸の働きはこのようなことがわかっています。

お腹が痛いとか、下痢、便秘の症状があるかたは
このツボを押してみてください。
検査即効果があるという即効性があります。

小腸の働きは栄養分の吸収と輸送です。
大腸と同じように、おなかが痛いとか
下血、血便などがありましたら
このツボを押してみてください。

大腸のツボと同じように
検査即効果があるというように即効性があります。

このツボと並行して他の肝臓、胆のう、腎臓、胃の
ツボも押してみてください。
相乗作用があります。

腰痛持ちの方は押してみると
あっけなく腰痛が取れてしまうことがあります。
是非お試しください。

このテクニックは下記のDVDに掲載されています。
どうぞご参照ください。

↓↓↓こちら↓↓↓

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-コラム, 佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.