戸栗 公男

人気先生の院内対応術その4

更新日:

先生こんにちは!

【人気先生ドットコム】の戸栗でございます。

いかがお過ごしでしょうか?

前回の電話対応術その3としてお伝えした

【問合わせの電話はすでにカウンセリングである】。

いかがでしたでしょうか?

空き時間に電話がかかって来るとは限りませんので、
いつ如何なる時でも冷静で的確な対応を心がけたい
ものですね。

さて、今日のお話は、今までの電話術よりもっと
基本的な内容です。

ある意味「そんなの当たり前」的ですが、知らない先生も
いるかと思いますので…。

先生は、ちゃ~んと出来てますよね?

人気先生の院内対応術その4

本題に入る前に少し前説を…。

私は高校卒業後、大学進学をあきらめて就職の道を選びました。

まぁ神奈川県でも、下から数えた方が早い私立の男子校で、
いくつかのスポーツ競技では全国レベル、パンチパーマ率は
高かったですが反比例して大学進学率は非常に低い。

昔で言う「ビーバップ系」。ターミナル駅で鬼ごっこを良く
やりました(笑)

それでも、東京は世田谷にある民族派系大学への進学を希望
して、黒の蛇腹に身を包む事に憧れていた時期がありましたが、
親の反対と就職課の先生に諭されて、就職の道へと。

でも、当時は良かったですね~。「体育系部活のトップ」だけで
上場企業に就職できちゃう時代なのですから。

で、学校推薦、無試験で決まった就職先が日本橋◎越百貨店。

ホント、笑っちゃいます。

そこで「接客業」なるものを徹底的に叩き込まれまして、
お陰さまで現在でも非常に役に立っています。押忍。

そして始まった社内研修で、先ず初めに口を酸っぱくして
言われたことがコレ。

↓↓↓

↓↓↓

『現金その場限りの大原則』

これは百貨店や銀行などの金融機関系では大基本になって
いるもので、簡単に言うと

「現金の受け渡しの際には、その場でお互いに確認し合い
なさい」ってこと。

後であったの、なかったの、渡したの、渡していないの…
ということにならないよ~に。

日頃、買い物や食事をしてお会計の際には必ず耳にする
お金の確認ですが、はて、自分でやっているかどうか?

私達のお会計はそんなに複雑ではなく、またほとんどが
現金で行われます。

しかもお札を何枚も数えたり、硬貨を何個も数えたりは
しませんので、間違いは少ないですが、それでも注意
しなければなりません。

斯く言う私も、過去に1回だけ嫌な思いをしたことが
あります。

開業して2~3年目、まだ1日の平均が4、5人位の時で、
料金も当時は4000円。

消費税は導入されていましたが、税率が3%で計算も
面倒臭く、徴収していませんでしたから、日々の計算も
商業高校を出ていた私の暗算でも耐えうる範囲でした。

そんなある日、大失敗をしてしまいました。

しかも1日が終わって会計を締めた時に合わなかった
のではなく、その瞬間に「あれ?もしかして!」と
思う程のリアルでした。

単純です、5千円札を受け取って千円札を返すハズが、
1万円札だと勘違いして6千円を返してしまったのです。

お釣りを受け取った患者さんの意味深な微笑みが今でも
脳裏に焼き付いています。

言い訳ですが、症状がきつかった、時間が押していた、
患者さんが海千山千風の中年男性だったなど、冷静さを
失う条件がそろっていたと言えばそれまでですが。

6千円返した瞬間に「あれ?もしかして!」と思いましたが、
時すでに遅し。

『現金その場限りの大原則』では、「1万円渡したよ」と
言われればそれまで、しかも、受け取った私も「1万円御
預かりしま~す」と言ってしまったのですから。

はい、それま~で~よ~。と。

まぁそんなに間違える場面は多くはないでしょうが、お互いに
嫌な気持ちにならないためにも、『現金その場限りの大原則』
を肝に銘じておきましょう。

そこでコレを確認しておきましょう。

↓↓↓

お預かりした金額を、声を出して確認する。

料金丁度の場合は「○●円丁度、頂戴致します」

お釣りが発生する場合は「○●円お預かり致しました」

そして、お釣りを返す際にも声を出して確認する。

「○●円御預かり致しましたので…、●○円のお返しに
なります。ご確認下さい」と。

日本人は、小銭の端数を出す習慣があるので、自動計算
できるレジを導入していれば別ですが、この時には暗算に
頼らず電卓で計算する習慣も大切です。

急いでいると結構勘違いしますから。

それと、お会計の際に、患者さんがお金を出したと
同時に「次はいつにしようかしら…」なんて切り出すと、
「次はですね…」と予約帳確認とお会計が同時進行に
なる時も注意が必要です。

こんな時に限って電話が鳴ったりしてね。

患者さんの方から指摘されることなく、にこやかに
速やかにお会計を済ましたいですね。

今日のまとめ

【人気先生】になるための院内対応術その4

【現金その場限りの大原則】を肝に銘じましょう。

ホントにあった赤っ恥。

昔、さっきの様な、お会計と予約確認と電話が同時に重なった時。

とっさに取った電話口に

「はい、4750円になります!」とな。

はは、ひとり企業の孤軍奮闘は今日も続く…

追伸:

お会計を間違えた海千山千風の患者さんは、それ以降来なくなりました。

健闘を祈る!

ではまた!

人気先生ドットコム
戸栗 公男

手技オンラインドットコム

-戸栗 公男

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2019 All Rights Reserved.