佐々木 繁光

「下腹部を柔らかくする操作法」

更新日:

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニピュレーションテクニックの
「膀胱炎のツボ操作法」
についてお話しさせていただきました。

本日は、「下腹部を柔らかくする操作法」です。

下腹部を柔らかくする操作法を受ける側は仰向け、
膝をまげて股関節を開く。

操法を行う側は、両方の親指で薄筋の
内側あたりにコンタクトして
親指を鼠蹊部から膝に向かって
スライドさせるように刺激を入れる。

両方の足に対して行う。

この操法は「宮本伝・延命学」の一部の施術法です。

この部分の運動神経筋に付着した球をはがすと
お腹のリンパ液の流れがよくなり、
下腹部が柔らかくなるということです。

その他この操作法を行う事で股関節が緩み
股関節が開きやすくなってきます。

ですから股関節に関する悩みを
持った方々に有効でもあります。

「変形性股関節脱臼」の患者さんに
私としてはこの操作法を使ったことがあり、
だいぶ改善したという結果を残しています。

何の操作法でも同じですが
この操作法だけで全て良くなるという症状はありません。

ですから、様々な操法を
組み合わせて行う事が肝心です。

股関節についていえば
その他の操作法の代表的なものは
「股関節調整法」です。

この「股関節調整法」はとてもシンプルで
簡単ですので是非使ってほしい
操作法の一つとなります。

他には

「中臀筋操法」
「腰椎5番調整法」
「股関節の操体法」
「仙腸関節調整法」

などが、股関節には有効です。

そして手技療法のすべてにおいて言えることですが、
良くしようと力んで力任せに行うと
かえって効果が出ないばかりではなく、

受ける側は痛くて仕方がないということで
体中に緊張を起こして
かえって硬くなるということになります。

その方に合った強さで行ってください。

そして、指圧でもマッサージでもありませんので
ご注意をしてください。

あくまでも運動神経筋に付着した
球をはがす治療法なのです。

皮膚をずらすと痛みが生じますので
これもご注意ください。

この操作法は下記のDVDに載っています。
どうぞご参考になさってください。

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.