佐々木 繁光

「逆子操法」

更新日:

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニピュレーションテクニックの
「糖尿操法(操作法)」
についてお話しさせていただきました。

本日は、「逆子操法」です。

この操法を受ける側は仰向け。
術者は右手で左足首を持ち、
左手の拇指を至陰穴に引っかける。

受ける側の股関節を45度に外転させる。
そして、内側方向に倒しながら牽引する。
その際、受ける側の右のお腹を意識して
斜めに刺激が入るように行う。

3回ほど間をおきながら行ってください。

以上が操法の説明です。

注意点は左足のみ行うということです。
糖尿操法と同じ様に股関節が柔らかくなります。

ですから、逆子の時は左足のみですが
右足を行えば右の股関節が柔らかくなります。

何度も言うようですが、
逆子の場合は絶対に右足を操作しないでください。

もう一つは親指の爪を立てて
至陰穴にあてます。

少し痛いぐらいです。
ですから操法は一瞬で行います。

じわ~っと行うと痛いのが長く続く
ということで嫌がられます。
刺激ですので一瞬で終わらせてください。

他に新正体法でも行えます、
「6」という体操法です。
これは自分でも行えます。

ですから逆子になる方は
「6」という歪みがあるということです。

反対に右足でこの操法を行えば
「5」という歪みが取れるということです。

「6」という歪みは胸椎のねじれ(回旋の歪み)
腰かけて両手を頭の後頭部で組み、
上半身を左にねじりにくいものです。

反対に「5」という歪みは
腰かけて両手を頭の後頭部で組み、
上半身を右にねじりにくいものです。

さらに「R」と「L」というゆがみも
消し去る可能性を持っています。

左足の操作法で「R」が消え、
右足の操作法で「L」が消えます。

「R」というものは
腰椎の回旋(ねじれ)の歪みです。

仰向けになり両膝を約90度ぐらいに立てて
万歳をして両膝を右に倒しにくいのが「R」、
左に倒しにくいのが「L」です。

どうぞ試してみてください。

どうでしょうか!
おもしろいでしょう!
新正体法のDVDも作れるといいですね!

この操法は下記のDVDに載っていますので
是非ご覧ください。

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.