茨木 英光

「施術時間はどれくらいが適正か」

更新日:

先生、こんにちは。
茨木英光です。

「施術時間はどれくらいが適正か」
これもよく頂く質問です。
実際に悩んでいる先生も
多いのではないでしょうか。

1時間くらいかけて
じっくり行う先生もいらっしゃいますし、
5分位で終了する先生もいらっしゃいます。

これは正解がないもので、
長く時間をかけるから心が伝わるわけでもなく、
短く済ませるのがカッコイイのでもありません。

患者さんが求めていることは
自分の体が良くなること。
それを実感できること。
安心できることなのです。

だから治療時間が何分であろうと、
自分はこの治療院に通えば
治るんだと思って頂けるような
治療家にならなければなりません。

そのためには、まずは問診で
患者さんの訴える症状に対して
的確に判別ができる力が必要なのです。

話を聞いて体の中で何が起こっているのかを
すぐに理解できないと、
施術で何をしていいのかは当然分かりません。

ですから解剖学、病態生理学をしっかりと学んで、
症状をつかみ取ることが大切なのです。

理解する程度では足りません。
つかみ取るのです。

つかんで自分の方に持って来るのです。
それくらいの知識と意気込みが必要なのです。

それができれば何を施術で表現していくか、
自ずと決まっていきます。
それが適正な施術時間です。

僕の施術時間はだいたい20分くらいです。
これを短いか長いか、どう感じるかはその先生次第ですが、
自分の場合には、症状を改善するために
表現したいことはこれくらいの時間なのです。

でも予約は45分毎に入れています。
遅れて来る方もいらっしゃいますし、
問診に時間を取りたいこともありますので。

ですから45分といってもかなり時間が余ります。
患者さんが次の方と顔を合わせるということは
ほとんどありません。

開業した当初は1時間くらい施術していましたが、
だんだん短くなってきていまは20分となりました。

それでもちゃんと患者さんは喜んでくださいます。
「今までで一番やってほしかった治療をしてくれた」
と言って下さいます。

施術時間をどのように決めればいいのかを悩んでいる先生は
まず患者さんの症状をしっかりと聞いて、
それに対してちゃんと施術で表現できているのか
そこを見直して行くと最適な施術時間が見つけられると思います。

ありがとうございます。

関節マスタードットコム
茨木英光

■その他の関節マスター茨木英光のDVD教材

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<腰椎・骨盤編>

⇒  http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionyousui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<頚椎・胸椎編>

⇒ http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionkeitui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<下肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-youtu-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスセミナーDVD <脳・脊髄編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅡ セミナーDVD<顎関節・頭蓋骨編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance2.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅢセミナーDVD<出産・美容骨盤編>

⇒ http://shugi-online.com/s-kotuban-doublemotionadvance3.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<腰部・下肢編>~筋肉の変位を元の位置に戻す~

⇒ http://shugi-online.com/mmt1.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<頚部・上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/mmt2.php

-茨木 英光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.