佐々木 繁光

「便秘・下痢操法」

更新日:

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニピュレーションテクニックの
「胸郭操作」
についてお話しさせていただきました。

本日は、「便秘・下痢操法」です。

便秘は左足、下痢は右足を操作するものです。
この操作法は高橋廸雄先生の「正体術矯正法」の中の
「便秘・下痢操法」を他動的に行ったものです。

正体術矯正法の場合は自動的に行います。

仰向けになって便秘の場合は左足首を背屈させてから
足を上にあげてストンと落とすのです。

この操法は単に便秘と下痢に効くというものではなく、
私の研究では行ったほうの股関節の開きがよくなります。
というか、股関節の可動域がよくなるようです。

ですから、様々な操作法がありますが、
「この操作法はこの症状だけに効く」という観念を捨て去り
視野を広くして考えてゆくことが全体的に必要な事であります。

この操作法を行うと股関節周辺の血液循環がよくなるとも言えます。
ですから、自ずと足は軽くなるのです。

また、足のむくみにも効くのではないかと考察いたします。
その他行った側の内臓が上に上がります。
(内臓下垂に効くということです)

この反対の操作法、(反対というのは開いている股関節を
正常な位置に閉じてあげる)は「ソケイヘルニア操法」です。

これはやはり下記のDVDに収録されています。
この両方を行えば股関節はより柔らかくなるでしょう!

他には「逆子操法」が股関節に関する操法となります。
これはやはり下記のDVDに収録されています。

以下、この操法の簡単な操作法をご紹介いたします。

・受ける側は仰向け。術者は受ける側の足の方に位置する。
・術者は受ける側の膝と足首を持つ。
・膝を屈曲させ、踵を臀部にあてる。
・次にすばやく足を伸展させる。
・次に、床におろす。
・動作のメリハリを意識しながら一連の操作をおこなう。
・右足で行うと下痢に効き、左足で行うと便秘に効きます。

この「便秘・下痢操法」は下記のDVDに載っています。
どうぞご参考になさってください。

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.