佐々木 繁光

「ソケイヘルニア操法」

更新日:

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニピュレーションテクニックの
「生理痛操法」
についてお話しさせていただきました。

本日は、「ソケイヘルニア操法」です。

股関節の開いている側に腸が出てしまうという
理論から生まれたものだとは思います。

仰向けになり出ている側の膝を曲げ
斜め45度ぐらいに膝を胸の方に押して
瞬間的にもどすという反射的刺激を行う事で
出た腸を元の位置に戻すというテクニックです。

ただ、私の研究では
全体的な内臓下垂を改善した方が
元に戻りにくくなります。

と言いますか、根本的な原因は
内臓下垂にありますので
手技療法としては「延命学」を行い

全体的な体の調整を行った上で
この「ソケイヘルニア操法」を行ったほうが
効果的と思われます。

その他毎日自分で行う方法としては
新正体法のP-Cなどの操法となります。

そして内臓が下垂していますと
中から下へと引っ張られて
四十肩・五十肩になりやすくなりますし、

下の臓器は圧迫を受けて
様々な病を発症する原因となると考えられます。

また、この操法は単にソケイヘルニアのみに効くものではなく、
開き過ぎている股関節が閉じてくる操法なのです。

この反対が便秘・下痢操法です。

この2つを行うと股関節の可動域は上がっていき、
そして股関節が整うと骨盤も自ずと整うし
腰椎のねじれに対しても有効です。

その他、上げる操法(リフトアップ操法)としては
骨盤上げ、腹斜筋操法、肩甲骨上げなどを新たに開発しています。

これらを加えて操作いたしますと
ソケイヘルニアはさらに戻りにくくなります。

そして自ずとバストアップしたり、ヒップアップしたり
目が大きく開くようになったり、また顔全体が若返ります。

以下ソケイヘルニア操法の説明を載せておきます。

・受ける側は仰向けで股関節を45度外転する
・術者は拇指で商丘を抑えて刺激しながら対角線に膝を屈曲する
・次に瞬間的に元の位置に戻す
・次に術者はヘルニア側の足のソケイ部分に手を当てて
 振動を与えながら中に押し込むような刺激を入れる

この操法は下記のDVDに載っています、是非ご覧ください。
↓↓↓こちら↓↓↓

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>
<<<>>>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.