松本 恒平

【蝶形骨】足で蝶形骨のユガミが分かりますか?

更新日:

先生、どうも!
関節アングル整体代表の松本恒平です。

卒業の時期になりまして、
日本列島桜の開花が始まりそうですね。

うちの娘が卒園になりまして
本当に早いなって思っています。

娘が小学校に行くまでに「手技を極めよう」と誓い
娘の成長と共に私も成長できたと思っています。

私は、施術をする時に、足からチェックをします。
遠くから見て俯瞰しながら見る事が大事です。

患者歴史、時間を俯瞰して検査します。

もし、子供だといきなり頭にいって
施術をすると嫌がります。
足、骨盤、胸郭、頭蓋の順番で見ていきます。

身体に液体が存在するか?
液体がなければ、潤いが無ければ
それは「問題点」です。

関節アングル整体で、水の動きは大事な要素です。
足に触れていても、膜の動き・蝶形骨の動きが分からないといけません。

膜というのは、動脈、静脈、骨は
その膜の水の中に伝わっています。

そして、神経も液体に浸かっている状態です。

その伝達を足元でかんじとれると蝶形骨の動き
蝶形後頭底結合の動きが分かります。

足に触れて、上に上がる方が、蝶形骨は捻転しています。
そこで足が外旋位を取るなら側屈の動きになります

大事な要素として、
病変=問題点=構造として捉えるか?

ただ、病変は、原因ではないのです。

動かないということが本来病変で治療をすべきところです。
その中で一番問題点の所へ触診で連れて行ってくれます。

【足で蝶形骨の治療をする時】

アングルをとります。
ASISの低側を外転していきます。
(子供ならニュートラルポジションでもOK)

仰向けに寝てもらい、両足踵を術者の掌にのせます。
そして、患者の動きの良い方をチェックします。
動きの良い方へのバリアへ持っていきます。

そうすると流れが良くなるアングルがあります。
そこで、右手と左手の間で「支点」を作ります。

あやとりでいう真ん中のポイント、
シーソーの真ん中でバランスの取れたところ。

バランスが取れると一瞬、止まるところがあります。
そこでキープします。
そうすると患者の身体から反発する力が出てきます。

その反発と両手のバランスのポイントをキープしていると徐々に
足の動きが良くなり、骨盤、胸部と動きが変わってきます。
そうすると最終的に蝶形骨までバランスが取れ始めます。

時間的に早ければ2分以内。
ただ、骨の中の体液までを調整するとなると
5分~10分前後は必要かもしれません。

時間を要すると思われるかもしれませんが、
体液の流れをスムーズにすると戻る事はありません。

むしろ、回復が早まります。
それは、神経が液体に浸かっているからです。

無駄に手数を打って施術をしなくてよくなります。
足の治療だけで終わります。

私達の仕事は、組織を解放し、
バランスをとらせて、治りやすい体にしてやること。

「支点」でしかありません。

あなたも患者さんの支えとして、
体の悪い所を流してあげて下さい。

本日は読んでもらいありがとうございました。

関節アングル整体
松本 恒平

■関節アングル整体松本先生のDVD教材

▼関節アングル整体セミナーDVD~発生学に基づいて創り上げられた新たな手技療法~

http://directlink.jp/tracking/af/1449658/b1TZ43mI/

▼関節アングル整体セミナーDVD<難治腰痛編>~脊柱管狭窄・坐骨神経痛・ヘルニア~

http://directlink.jp/tracking/af/1449658/dlQlLlEj/

-松本 恒平

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.