佐々木 繁光

「ギックリ腰(急性の腰痛)原因と施術法」

更新日:

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニピュレーションテクニックの
「ソケイヘルニア操法」
についてお話しさせていただきました。

本日は、「ギックリ腰(急性の腰痛)原因と施術法」です。

2つ以上の動きを同時に行うと
ギックリ腰になる可能性が高くなります。

例えば重たい物を持つ時に
持ち上げると同時に行きたい方向に体をねじる、
とその時にギクっとギックリ腰になってしまいます。

重たい物を持ち上げる時にはまず上に持ち上げてから
体を行きたい方向に向けてから移動すると
ギックリ腰は大体防げます。

さて、では具体的にはどのようにするかというと、
腕を伸ばして手に平を合わせ胸の前で三角形を作ります、
この三角形を壊さず(そのままの形で)ものを持って運んでみてください、
自ずとおへそが進行方向に向くと思います。

どんな時もこのようにしていれば
腰を痛めることは少なくなります。

そして動き始める時とか物を持つときに息を止めると
関節は動かなくなりますのでギックリ腰にはまずなりません。

さらに各動作をするときにわきを締めるのです、
良く運動(野球とかゴルフ)をするときにわきを締めろ!
と言いますよね!

腰を痛める方は筋肉の左右差があるので
新正体法で調整しておくと良いと思います。

前屈の時に腰椎が曲がらない方も腰を痛めやすいので
新正体法の「猫背の操法裏と表」をしておくと良いです。

さてギックリ腰の施術法ですが
膝を曲げて仰向けになれれば椅子を使った処置法が使えます。

前にDVDの「頭蓋骨調整」の無料セミナーで行ったことがあります、
これについては私のブログに書かれていますので是非ご覧ください。

これら以外にも参考になる記事が
たくさん載っていますのでご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/seitaitiryou/

とにかくギックリ腰は痛いので矯正的なことは避けるべきです。
痛くない体勢を作ってあげることです。
大抵は腰を丸める姿勢が楽です。

私の施術法の中でとてもギックリ腰に効く施術法は
何といっても「ディスクテクニック」がよく効きます。

痛い側を上にして横になってもらい
膝を曲げてお腹の方に曲げやすいか、
反対が曲げやすいかを検査して、

曲げやすい方に動かしてもらい
抵抗を加えて瞬間に脱力してもらいます。

この「ディスクテクニック」は
下記のDVDに載っていますので是非ご覧ください。

↓↓↓こちら↓↓↓
佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.