佐々木 繁光

「慢性腰痛の施術法」

更新日:

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニピュレーションテクニックの
「ギックリ腰(急性の腰痛)原因と施術法」
についてお話しさせていただきました。

本日は、「慢性腰痛の施術法」です。

まずは問診でどのくらい前から腰痛持ちなのか、
大きな病気はしたことはあるか、
交通事故をしたことはあるか、
ギックリ腰を過去何回しているか、
などを聞きます。

そうして、まず新正体法の検査法(動診)を行います。

はっきりした歪みがあれば体操法をしていただき
再検査(再動診)をおこないます。

再動診を行う意味は体操法によって
歪みが取れたことを認識してもらうという意味です。

見事に歪みが取れていれば
「この先生なら良くしてもらえる」と思うでしょう!

施術法としては、まずは「尾骨調整」を行います。
これで足の長さは大体そろってきます。

左手の中指で尾骨の先端部分をひっかけて
右手で胸椎6番あたりを斜め下方の尾骨を狙うようにして
軽く、リズムカルにたたきます。

次に「仙骨調整」を行います。

うつ伏せになってもらい膝を伸ばしたまま
どちらの足が上に上がりにくいかを検査して
上がりにくい方の足を上にして両足を交差させます。

両方の手とうで仙骨を挟んで上の方にスライドさせます。
これを3回繰り返します、その後再検査をします。

再検査をする意味は施術する側も
よくなったことを確かめる意味と、
受ける側もよくなったということを
認識してもらう意味があります。

次に「腰椎5番の調整法」を行います。

うつ伏せで股関節の開き具合を検査し、
開き難い側を患測として、
良側(開きやすい側)から操作します。

良側の足を上にして足を交差させ、
良側の腰仙関節に親指を当てて、
息を吸わせて呼気で体重移動して押していきます。

3回繰り返す。

次に患測は息を吸わせて息を止めた状態で押してゆきます。
これも3回繰り返します。

これで腰椎5番、一番下の腰椎が整います。
次に横向きになってもらい中臀筋操法を行います。
反対側も行います。

これによって股関節部分の歪みが解消されます。
仕上げに「腰椎1~5、仙腸関節、腰仙関節の検査」を行い、
左右差があるものを調整します。

最後「股関節調整」で股関節の位置を調整します。

私のブログなどを見ていただければ
色々な説明をしていますよ!
是非ご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/seitaitiryou/

これらの操法は下記のDVDに収録されています。

↓↓↓こちら↓↓↓
佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.