茨木 英光

「ガンコな肩こりをすぐに治す方法」

更新日:

先生、こんにちは。
茨木英光です。

先生の治療院にも肩こりの患者様は
多いのではないでしょうか。

どうやって治していますか?

ほぐす、温める、いろいろあると思います。
まずは、「こり」とは何なのか、考えてみたいと思います。

こりとは、筋肉が長期間収縮が続いている状態のことを指します。
筋肉は運動をする際、伸びたり縮んだりしているのではないのです。

例えば肘を曲げるときには上腕二頭筋が収縮します。
また逆に肘を伸ばすときには対側の上腕三頭筋が収縮します。
上腕二頭筋が自力で伸びるから肘が伸びているのではないのです。

つまり筋肉がしていることというのは、
「収縮することと、収縮することをやめること」
だけなのです。のびているのではないのです。

ここはよく理解しておいてください。

肩こりの話にもどりますが、
肩こりといえば、僧帽筋が
パンパンに張っている状態。

これがなぜ起こるかというと、
頭が前方に変位していくからです。

デスクワークや中腰の作業でも、
どうしても頭は前へと倒れていきます。

それを戻すためには、頚椎の調整が必要なのですが、
それは今回は省いてお話しいたします。

僧帽筋は後頭骨から肩峰・肩甲棘までを結んでいます。
ですからカーブを描いているわけです。
肩の自然なラインを形成しているのは僧帽筋ですね。

起始と停止は骨としっかりと接合していますから、
筋肉と骨が外れるなんてことは通常ではありません。

ここでもう一度、筋肉は収縮しかしない
ということを思い出してください。

カーブを描いている筋肉が収縮をすると、
「最短距離をとろうとして直線に近づく」
わけなのです。

つまり、筋肉が過度な収縮を起こすと、
直線的な位置へとズレるのです。
これがマイオモーションテクニックの原理となっています。

僧帽筋の場合は直線的になると肩が浮き上がってきます。
肩こりはこの僧帽筋の位置を戻すと良くなるのです。
僧帽筋を頚椎と肩甲骨で作られる角にしまい込むのです。

壁紙を貼るとき、どうしても角が難しいです。
どうしても壁紙が浮き上がってしまいます。
それをきっちりと角に収めるのと同じことです。

やり方は、右僧帽筋の場合、

1 患者は座位となり、術者は後ろに立ちます。

2 術者は左母指で僧帽筋の角の部分を前方から後方へと押圧します。
  この角の部分は第7頚椎の横あたりです。

3 術者は右手で患者の右手首を持ちます。

4 右手を回転から頭の上へとゆっくり上げていきます。

5 この時に左母指を後方へと押していくのです。
  そうすると母指がスーッと中に入って行くのが感じられます。

6 ゆっくりと右手を下ろしていきます。
  左母指をさらに後方へと押し込んでいきましょう。

7 この操作を2・3回行います。

これで盛り上がっていた僧帽筋が角に収められ、
肩はペタンと低くなります。
それに短時間で肩こりは一気に楽になります。

おもしろいくらい変化が出せますからぜひ試してください。

「筋肉が収縮すると直線的な位置へと変位する」
ぜひそのことを覚えておいて
全身の筋肉の調整をしてみてください。

フェイスブックでも臨床でお役に立てる内容を投稿しています。
ぜひお気軽にお友達になってください。

関節マスタードットコム
茨木英光

■その他の関節マスター茨木英光のDVD教材

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<腰椎・骨盤編>

⇒  http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionyousui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<頚椎・胸椎編>

⇒ http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionkeitui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<下肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-youtu-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスセミナーDVD <脳・脊髄編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅡ セミナーDVD<顎関節・頭蓋骨編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance2.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅢセミナーDVD<出産・美容骨盤編>

⇒ http://shugi-online.com/s-kotuban-doublemotionadvance3.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<腰部・下肢編>~筋肉の変位を元の位置に戻す~

⇒ http://shugi-online.com/mmt1.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<頚部・上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/mmt2.php

-茨木 英光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.