古藤 格啓

『コーヒーをやめてみました』前編

更新日:

先生、
こんにちは。
ソレシカのコトーです。

さて春がやってきました。
今年の桜は早かったですね。
相変わらず恒例の花粉症がひどいという方ばかり。

そして毎年春がやってくると心機一転
何かを変えるという方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

なにか変わりたいですか?
あなたならなにを変えますか?

今日はそんなお話です。

僕も昨年自分の中で思いきって変えたことがあります。
それはコーヒーをやめるということ。

実は昨年の7月からやめたのでもう半年以上になります。

コーヒーに関してはいろいろな情報があり
時にはネガティブな情報、時には健康に良いという情報。
正直どっちが正しいのかわかりませんね。

僕の家では子供の頃から父親も母親も
コーヒーが好きで毎朝飲んでいました。
朝は食卓にコーヒーの匂いがしていたものです。

子供の頃はあまり飲ませてもらえませんでしたが
高校生くらいの時から飲むように。

その後大学に入学してアルバイトを始めたのがドトールでした。
大学一年の冬からアルバイトで入って
結局は大学を卒業するまで週4~5で入っていたと思います。

僕は朝が苦手だったので
わざと早朝にアルバイトのシフトを入れました。
学校だと朝起きれないのにバイトだと不思議と起きれる。
責任感なのでしょう、遅刻もほとんどせずに行くことができました。

そうやって早朝にアルバイトをして
10時11時になると学校へ行くような生活を送っていたので、
大学もちゃんと行けました(笑)

早朝にバイトに入るとまずはコーヒーを淹れる
ドイツ製のマシンを立ち上げて
コーヒーの味の確認をしなければいけないんですね。

そうやって毎朝のように淹れたてのブラックを飲んでいたので
その頃からコーヒーを毎日飲むようになりました。

さらにはその25年くらい前にはまだスタバも日本上陸していませんでしたが
ドトールではすでにカフェラテがあったのです。

最初に飲んだ時は感動してしまいました。
カフェラテはコーヒーではなく
エスプレッソで淹れてあるんですよね。

だからこれもカフェインとしてはかなり強めです。
(普通のブレンドなんかよりもカフェインは強いです)
休憩の時には必ずカフェラテを飲んでいました。

そして仕事が終わってもう一杯カフェラテを飲んでから学校へ。
そりゃもうシャキッとしますよね(笑)

そう考えると大学生の頃から
カフェインは多めに摂っていたほうかもしれません。

その後25年にわたってなにも疑問に思わず飲み続けていました。
人間は習慣になっているとあまり考えないんですよね。

そして特に開業してからコーヒーを飲む量が明らかに増えました。
それは自分のペースで仕事ができるから
飲みたい時に自分で淹れることができるからでしょう。

まずは朝の通勤時に駅を降りると
スタバや他のお気に入りのカフェへ直行。
そこで濃いめのコーヒーを飲んでから仕事。

昼休みも濃いめのブラックを1杯。
そして晩御飯の後にもう1杯。

そうやって最低3杯くらい飲む時期がここ10数年。
しかも濃いめで(笑)
でも胃もやられませんでした。
なので普通に習慣として飲んでいたんですね。

カフェインの害については知ってるつもりでしたが
いざ自分のこととなると情報を取捨選択してしまい
本当の情報を入れなくなりますね。

都合のいいように捉えて目をそらすのです。
タバコなんかもそうでしょうか。
昨年までの僕はまさにそんな感じだったと思います。

実は昨年の初めから足の浮腫みが取れなくなっていました。
最初は気にならない程度でしたが
朝スニーカーを履く時にも窮屈さを感じ始めていました。

普通なら一晩寝たら足はスッキリしていたのですが
浮腫みが数ヶ月取れない感じが嫌で。
これは腎臓に負担が掛かっていることは明らかですよね?

以前よりカフェインが腎臓を痛めつける
ということを知ってはいましたが
これはそろそろ無視できないんじゃないかと思い始めた頃でした。

そのことをうちのクライアントのドクターに聞いたところ
予想通り腎臓への負担ということがよくわかりました。

そしてその日を境にコーヒーを飲むことをやめました。
僕は簡単にやめることができました、意外なくらい。

というのも自分の体が壊れる、疲れやすくなる、
精神状態も変わるということを想像しただけで
すぐにやめられるんですね。

恐怖心が勝ったとでもいうのでしょうか。

腎臓が壊れることがどういうことかというのは
自分の周りにいた腎臓を壊した人を見れば
わかることだったからです。

自分で自分の体や習慣を改めて変えようと決意しました。

<後編につづく>

ソレシカ コトー

■ことう式あたまの整体(R)古藤先生のDVD教材

▼ことう式あたまの整体セミナーDVD<前頭骨・後頭骨・鼻骨編>~頭蓋骨で全身を変化させる~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/E9KLEMUE/

▼ことう式あたまの整体セミナーDVD<顎関節編>~上顎骨、下顎骨、側頭骨から変化を与える~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/gClbuNXJ/

▼ことう式 あたまの整体セミナーDVD<蝶形骨・頭頂骨・側頭骨編>~頭蓋と呼吸の関係性及び頭蓋と全身の関係から身体を緩める~

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/MivVawk3/

▼AtoZセミナーDVD

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/5xroeRcv/

▼AtoZ2セミナーDVD

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/CtEwgKb8/

▼Back to Basic

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/msvzYcmP/

▼Back to Basic2

http://directlink.jp/tracking/af/1115807/fUhi6OT0/

-古藤 格啓

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.