橋本 典之

「重い思い」

更新日:

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「「治さない」「治せない」という思い」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「重い思い」
についてお話しさせていただきたいと思います。

クライアントは治してほしいのですが、
はっきり言って治るのかどうなのか?
それ自体は断言できるものではありません。

治してあげたいのはやまやまなのですが、
全ては自然治癒力にお任せするしかない。

そんなお任せの治療をやっているとやっぱり
「治るのか」「治らないのか」なんて
軽々しく口にすることが出来なくなる。

お任せの治療と言う時点で、
自分のテクニックで治すなんていうレベルではなくなる。

どんなレベルなのかと言うと、
それこそエネルギーレベルの治療という事になるのです。

本気で「自分は治すお手伝い」と言っていれば
間違いなく次元の違う治療になります。

その際に「治る」とか「治せる」とか「治します」
なんて言葉は、間違いなく治療の妨げになっているのです。

なぜなら、言葉や思いはエネルギーなのだから、
自分にプレッシャーをかけた時点で
先生のエネルギー自体は重くなっていますから。

本気でお任せだと、自分の思いがそこにはないから
エネルギーが精妙になって
先生のエネルギーは軽くなるというものです。

「テクニックで治す」と言う時点で既に
お任せの力を使っていないので
重いエネルギーになっています。

そうするとその場では治ったように思えても
直ぐに元に戻ってしまったり、
または変な痛みが出てきたりと予想を反した結果になってくるのです。

テクニックはそれ自体で間違ったものではないのですが、
それを使う人間自体のエネルギーが重いって言うのはどうなんだろう?

良いものが自分の重いエネルギーのせいで
相殺されてしまっては勿体ないと思いませんか?

自然治癒力を出すお手伝いって言うのは、
人間だからテクニックを使う事はもっともなことで、

でも忘れてはいけないのは、
それを使う人間自体のエネルギーが
テクニックを通してクライアントに確実に伝わっているという事です。

だから有名な先生方は、「治さない」「治しません」という事を
仰っているのではないかと僕は思うわけです。

人なんてちょっとばかり良い結果を出したら
調子に乗って先生面するものです。

ですのでそんな落とし穴に落ちない為にも
常に謙虚でいることは全ての面において良い影響を及ばし、

結果的にクライアントの体調も良好になり、
先生もそれと同様に体調が良くなっていくものであると思っています。

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/t74qC9G4/

▼治療家のためのチャクラヒーリング

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/tAigIPpR/

-橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.