佐々木 繁光

「四十肩 その症状原因 治療法」

更新日:

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニピュレーションテクニックの
「整神術の効果とその実際」
についてお話しさせていただきました。

本日は、「四十肩 その症状原因 治療法」です。

(症状)
手が上に上がらない
ある角度で痛みが出る
じっとしていても痛み、しびれがある
仰向けなどで寝ると肩に痛みが走る

(原因)
肩を動かす時に関係する関節は主に
肩関節、胸鎖関節、肩鎖関節そして肩甲骨です。

筋肉は4つの筋肉(棘上筋(きょくじょうきん)、
棘下筋(きょくかきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)、
小円筋(しょうえんきん)です。

この関節位置が少し(1mの十分の一)でも変位すると
関節は動かなくなります。

もう一つは筋肉自体が硬くなるということと
筋肉の付着部分が炎症をおこしたりする
ということが原因とされているようです。

しかし、ここからは私の自論ですが
肩甲骨とかの深い部分の筋肉が硬くなったりすると
肩は上がりにくくなります。

もう一つは肩を上げるときに
お腹の横の筋肉を触ってみてください。

肩を上げようとすると動きます。
ですからこの骨盤から肋骨の奥の筋肉も
関係していると私は考えています。

さらに深層筋も関係していますので
内臓下垂も原因だと考えられます。

子宮筋腫がある方は
肩が上げにくくなる方もいらっしゃいます。

(治療法)
まずは全ての下がっているものを
上げてあげる必要があります。

全身の調整法としては内臓の位置異常を改善する
「新日本延命学」が最適です。

そして私が開発した
「内臓上げ」「腓骨上げ」「後頭骨上げ」
なども有効です。

「内臓上げ」は残念ながらDVDには収録されていません。
その後「ソフト8」などを行います。
最近発明した「肩関節落し」は四十肩に有効だと考えています。

仰向けになって腕を天井の方にあげて
手首から肘肩まで外旋させて
そのまま下にストンと落とすだけで方は上がりやすくなります。

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD <頭蓋骨矯正法・特殊操法編>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iiazXkW1/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.