松本 恒平

【動眼神経で便秘・免疫を変える】子供の便秘・免疫について

更新日:

先生、こんにちは。

科学的に構造的なアプローチも非常に大好きですが
宇宙論、エネルギー、マントラ、心理学
ウェストコースロックが大好きで

夏に近づきまして、音楽イベントも増えて
今年もアメリカからウェストコースロックスター達が
どんどんやってくるので1人盛り上がっています(笑)

関節アングル整体代表の松本恒平です。

さて、あなたは
子供の痔、赤ちゃんの痔、
便秘などの相談を受けたことありませんか?

子供の痔の場合、
おむつかぶれによる皮膚の腫れが
原因になることがあります。

95%は自然に治る問題なので
手術などをしなくてよいのです。

ここ最近増えているのが、クローン病です。

大腸、小腸が侵されて粘膜に炎症が起き
潰瘍となる難病の一つです。

遺伝、結核菌が原因と言われていますが
実際は、原因不明と言われます。

原因不明という事は、なんらかの打つ手があります。
早期に発見していくと治るケースもあります。
大事なのが、食事です。

「腸内細菌は、母親側のものを引き継ぐ。」と言われています。
出産のときに、母親の体内からでてくるので
その時に免疫となる菌をもらうと言われます。

これもその一部に含まれます。

クローン病は、腸内フローラが関わるとも言われますので
小麦、乳製品を辞めた人で改善した、
リーキガット症候群の可能性があります。

食事で改善していくのであれば、
子供には、まずは、乳製品、小麦を
控えさせてみるといいかもしれません。
母乳を与えるお母さんも食事には注意が必要です。

【手技で子供の便秘に対してできる事】
左右腰方形筋の調整(上行結腸・下行結腸に関わる)
便秘、下痢がひどい場合でも、
ここに硬さがあれば腸の働きが悪くなります。

関節アングル整体で施術をする時は、
片手で足を外転させて、片手で腰方形筋の硬さを触診し
柔らかくなる位置を探し、そこで圧迫か牽引をかけます。
ゆるんで行くほうで待ちます。
(関節アングル第2弾を参考に)

【免疫・内臓にかかわる目】
目の動きが悪くなる免疫に問題が出ます。
それは第三脳室と関り、下垂体に関わります。

目の動きは頸椎にも関わるため
大孔・頸静脈孔の所の迷走神経に影響します。
目を使って内臓の調整ができます。

施術では、後頭・頸椎1・2を保持し
10~25度ほど動かし抵抗のあるとこで緩むのを待ちます。
軽い皮膚分の牽引・テンションで保持。

これは固有受容器へのアクセスになります。
関節の矯正をする意識でやらないことです。

もしここで緩まなければ、目を首に回した方に回します。
そこから今度は反対の方に目を回します。
そこで緩むのを待ちます。

子供の場合は、もし目が動かせないなら
片目を閉じさせるか、術者が目を隠します。

そこでわずかに動きでリリースがかかれば終わり。
その後可動域をチェックします。

これは、頸椎の治療、内臓の施術に効果的ですので
お試しください!

本日も読んでもらいありがとうございました。

関節アングル整体
松本 恒平

■関節アングル整体松本先生のDVD教材

▼関節アングル整体セミナーDVD~発生学に基づいて創り上げられた新たな手技療法~

http://directlink.jp/tracking/af/1449658/b1TZ43mI/

▼関節アングル整体セミナーDVD<難治腰痛編>~脊柱管狭窄・坐骨神経痛・ヘルニア~

http://directlink.jp/tracking/af/1449658/dlQlLlEj/

-松本 恒平

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.