茨木 英光

「脊髄の可動性をつける」

更新日:

先生、こんにちは。
茨木英光です。

筋肉や関節の可動性を付けることは
日頃の施術で行っておられると思います。

これをもうひとつレベルアップして、
抹消神経の可動性、そして脊髄の可動性を付けていくことを
考えてみたいと思います。

腰椎椎間板ヘルニアの整形外科テストとして
SLRは有名です。

仰臥位で下肢を屈曲していくテストです。

これで下肢に痛みやしびれが走ったら
陽性ということになります。

これは下肢を屈曲することで神経が引き伸ばされるので
ヘルニアに触れるという仕組みです。

ということは神経の線維は体の動きによって
可動しているということの現れです。

そうでないと肘や膝を深く曲げたときに
神経が引き伸ばされて痛みが出てしまいます。

そして末梢神経の末端側への引き伸ばしは、
つながっている脊髄をも下方へ引っ張ってしまうのです。

私達のほとんどの仕事は座ったり、中腰だったり、
神経を末端側へと引き伸ばす姿勢を続けています。

それが長期に渡ると筋肉も固くなり、
神経が筋肉に挟まれて可動性を失ってしまいます。

そうなるとずっと神経は下方へ
引っ張りっぱなしになってしまって、
脊髄も可動性を失ってしまうのです。

首を上に向ける時は、脊椎の中で
脊髄が頭の方向へ滑ってくれないといけません。

それが固まってしまうと
上を向きにくくなってしまうのです。

そして頭痛やめまいの原因となってしまいます。

脊髄が下方へ引っ張られると、
まっすぐに下方へと変位するのではなく、
背中の丸みと顎を突き出した姿勢となってしまいます。

お年寄りの姿勢です。

このような姿勢の方のMRIを見ると、
脳幹が環椎にはまり込んでしまっていることがよくあります。

しかし腫瘍とかではないので、
病院では異常なしと診断されてしまいます。

これが「気のせいと言われる頭痛」の原因だったりします。

僕は原因不明と言われる頭痛や腰痛を
決して心の病にすりかえません。

必ず痛みを出している原因が
患部にあると思って施術に取り組みます。

そうすると良い結果が出ます。

本当に困っている患者さんは
病院や治療院を転々としています。

そして行く先々で違うことを言われて
困憊しているのです。

そんな方に安易に心の問題だと言ってしまうと、
自分の心の持ちようが悪いから治らないのか
って、自分を責めてしまいます。

そうではありません。
構造的に不備が患部に無いのか
徹底的に追求して改善に取り組みます。

そうすれば、施術後に説明する際にも

「やっと私が言ってほしかったことを
先生が言ってくださいました。
やっと合点がいきました。」

と言って、安堵してくださいます。

脊髄の可動性、
あまり知られていないことかもしれませんが、

動かないと体を曲げたり反らしたりできないので、
動くものなのです。

ぜひそのような観点から施術に取り組んでみてください。

ありがとうございます。

関節マスタードットコム
茨木英光

■脊髄の施術に特化した手技教材はこちら

↓↓↓
▼ダブルモーションテクニックアドバンスセミナーDVD <脳・脊髄編>
http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance.php

■その他の関節マスター茨木英光のDVD教材

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<腰椎・骨盤編>

⇒  http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionyousui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<頚椎・胸椎編>

⇒ http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionkeitui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<下肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-youtu-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスセミナーDVD <脳・脊髄編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅡ セミナーDVD<顎関節・頭蓋骨編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance2.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅢセミナーDVD<出産・美容骨盤編>

⇒ http://shugi-online.com/s-kotuban-doublemotionadvance3.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<腰部・下肢編>~筋肉の変位を元の位置に戻す~

⇒ http://shugi-online.com/mmt1.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<頚部・上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/mmt2.php

-茨木 英光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.