橋本 典之

「失敗なくして成長はない」

更新日:

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「「成長」は人類に与えられた使命」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「失敗なくして成長はない」
についてお話しさせていただきたいと思います。

多くのクライアントとの出会いは
僕を成長させてくれていると実感しています。

100人いたら100通りの人生があります。

セッションでクライアントは、
自らの心の内を言葉と言う媒体を通して
僕に伝えてくれます。

決して楽しい良い話ではありません。

どちらかと言うと、誰にも話したくない事であったり、
もうすっかり忘れていたことであったり、
完全に終わったことにしてあったものです。

良く「先生と会うと勝手にしゃべり出してしまう」と言われます。

身体は「抑圧」というものを勝手に選択し、
自分に都合の悪いものに関して
心の奥底に閉じ込めてしまう傾向にあるのです。

本当は「喋りだしてしまう」のではなく、
本当は「喋りたい」と言うのが
潜在意識の声なのだと思います。

なぜなら無理矢理に抑圧されたものだから、
本当は外に出たいはずなのですから。

いったん外にでてしまった「抑圧された言葉」は、
出した以上クライアント自身は
向き合わなければいけなくなります。

その際には必ず苦しみが伴ってきます。
それが俗にいう「好転反応」となって
熱や痛みのぶり返しにもなるのです。

いずれその放出されたエネルギーも勢いは無くなります。
でもいったん出てしまった自らの思いを
受け入れていくという作業がクライアントには必要なのです。

ネガティブな経験に対し、「成長」に結びつけるような
「ポジティブ経験に置き換える」とする必要がそこに課せられます。

どうしても向き合わなければならないことで、
嫌だからと言ってその場をしのげたからといっても
いずれまた同じような経験をさせられて、

またネガティブになっていく
というループに嵌ってしまうのです。

「失敗なくして成長はない」

多くのクライアントは自身のネガティブ経験を
生かし切れていない場合が多いです。

僕と話をして、今迄通りではいけないと自覚します。
そしてその日からポジティブに受け入れる様にしていきます。

でも人間ですから、またネガティブに陥り、
同じ思考へ逆戻りをしていくことになるのです。
でも僕はそれでも良いと思っています。

なぜなら、此の世は何度でも生まれ変わることが
可能な世界だからです。
だって死んでしまったらもうやり直しはききませんから。

「成長を諦めないことが人には求められていると思っています」

僕は多くの人の話を聞くことで、
今世では経験できない多くの人生経験を
させていただいているように思えます。

その疑似体験をさせていただくことで、
僕も成長させていただけているんだと実感するようになりました。

出会いは決して一方的ではなく、
互いの為に存在しているという事が良くわかります。

どんな些細なことにも意味を見出すことが
成長には重要なことだとクライアントから教わった気がいたします。

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/t74qC9G4/

▼治療家のためのチャクラヒーリング

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/tAigIPpR/

-橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.