橋本 典之

「気づいてますか?」

更新日:

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「治療家の意識の次元を上げる」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「気づいてますか?」
についてお話しさせていただきたいと思います。

突然ですが
「気づいてますか?」

いつも同じルーティンで
仕事がツマラナイ毎日ではないですか?

「気づき」のない人は、
間違いなく毎日同じルーティンでしか仕事してませんよ。

僕のソーラ・ヒーリングのコンテンツは
殆どこの「気づき」で作り上げています。

毎日毎日、治るという現象は起きるのだけれど・・・
どうして治るんだろう?
とそんな疑問を持ち続け、ある時、ふと気づく。

あ・・・・そうか・・・!
なんで今迄気づかなかったのだろう?
っといつもそう思っていた。

「気づき」って大袈裟に聞こえるけど、
簡単には「ただ気づかなかった」と言うだけの事なのです。

実はいつも目の前にブランブランしていても
一向に気づこうとしないというのが事実多いようです。

これは、いつも同じ視点でしか物事を
見ていないというパターン化してしまっていて、
気づく云々よりもツマラナイ毎日と化してしまっているのです。

つい最近も、凄いことに気づいてしまいました。
でもそれも、視点を変えたらほんと当たり前のことで、
偉そうに「気づき」なんてとても言えないようなものなのだけれども、
殆どの人は気づかないはずなのです。

なぜなら、視点がとっても幼稚で、
「先生」と呼ばれているような方々には
到底できない視点だからです。

「知識や常識が邪魔をする」
そう言うのってあると思うんですよね。

頭でっかちと言うか・・・。
頭で考えても分からないのが
「量子の世界」で、僕はエネルギーを扱っている。

「治る」という結果が出ているから、
どうしてだろうか?・・・と仮設を立てることから始めて
「???」謎を解明していく。

物理学者だったら絶対出来ないことなんだと思う。

だから頭は固くちゃいけない。
面白可笑しく楽しみながら
生体の謎解きをしていくのがいいと思っている。

今は治る理由を説明できなくても、
いずれその謎も解き明かされていくはずだ。

それは「気づき」とか「閃き」なんて呼ばれる。
非科学的なやり方で。

僕は物理的に治すんじゃなくて、
量子的に治しているからそれでもいいと思っている。

量子の世界もいろいろと解明されてきていて、
僕らのような触らない治療も
「あり得るんじゃない」と言う風に普通になってきている。

テレポーテーションも理論上可能だとされる時代に
「触らない」くらいで驚かないでほしい。

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/t74qC9G4/

▼治療家のためのチャクラヒーリング

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/tAigIPpR/

-橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.