佐々木 繁光

「亜脱臼」

更新日:

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

前回は、佐々木マニピュレーションテクニックの
「頸椎症」
についてお話しさせていただきました。

本日は、「亜脱臼」です。

関節には骨と骨の連結部分であり、
骨と骨が向かい合っている面がある、
この面の位置関係が本来の状態からずれた状態が脱臼です。

外力により発生するほか、
病的な原因で起こるケースもあります。

今回のテーマの「亜脱臼」は
関節面に部分的な接触が残っているものです。

実は手首、肘、股関節、肩関節、などの
関節の症状のほとんどが亜脱臼が原因と私は考えています。

私の考えではその亜脱臼のレベルは
1mmの何十分の1というすごく小さな「ずれ」なのです。

関節というものは少しでも位置が変わると動きません。
ですから、調整と言ってもほんの少しの動きを調整するのです。
何センチも動くわけではないのです。

ですから、小さな力で大丈夫です。
(調整するのはその場所に適した角度とか、方向性があるのです。)

そして、人間の体の中で股関節が一番大きな関節で2番目が肩関節です。
この2つとも前方にしか外れません。
後ろに外れた場合は骨折です。

私の考えではこの大きい関節の位置を
正しい位置に戻すことで人間の体は良くなるのです。

なぜなら、この股関節と肩関節に関係する筋肉は
一番量が多いからなのです。

ですからこの股関節に関する施術法と
肩関節周辺に関する施術法をマスターすることで
施術家としての技量は大幅に上がるということです。

近頃(ここ一週間で)股関節に関する施術法と
肩関節に関する施術法は70%ぐらい完成しました。

この頃注目をしているのは「野中操法」です。
この野中操法は川島先生と言う方が継承されています。

http://www.kawashima-seitai.com/

私も何度か習いに行きました。

この野中操法の中に健康線というものがあり、3つあります。
その一つが四十肩にとても有効で、
もう一つは股関節と腰痛にとても有効です。

私はこれらを「腸骨はがし」と「肩甲骨はがし裏表」と名付けました。
参考になるDVDは下記のものです。
どうぞご参考にしてください。

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>
http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光

■佐々木マニピュレーションドットコム佐々木先生のDVD教材

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/YB2TEyjb/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第二弾<頸部編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/SpW4Atbh/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第三弾<四肢編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/7gieUfPw/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第四弾<腹部施術・内臓調整編>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/bWPA66t1/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<整神術>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/AXibrDgt/

▼佐々木マニピュレーション法セミナーDVD<宮本伝・延命学>

http://directlink.jp/tracking/af/1290322/iHURL2W2/

-佐々木 繁光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.