茨木 英光

「ヴィセラル モーション テクニックについて」

更新日:

先生、こんにちは。
茨木英光です。

ヴィセラルとは内臓のことです。

内臓の施術も関節や筋肉と同じく
各臓器の可動性を付けていくことで
様々な症状を改善することが可能になります。

まず始めは内臓の横を覆っている
内外腹斜筋の可動性をつけていきます。

そのことによって腹壁と臓器の可動性を改善します。

次に各臓器どうしの可動性を付けて行きます。

臓器どうしはゆるい組織で連結されています。
しかしその連結が固くなることが多いのです。
そこを手技によって臓器間に手を入れていくのです。

そうすると臓器同士の動きがつき始め
お腹はすぐに軽くなります。

例えば胃下垂などは、胃の入口と出口である
噴門と幽門が引っ張られて可動性が失われてしまいます。

胃は特にギュルギュルと動いて消化を行っていますから
可動性を失ってしまうと、とたんに胃もたれや
食欲不振を起こしてしまいます。

そこでVMTを使用して可動性を取り戻すと
胃はすぐに活動を再開します。

それから臓器が正しい位置に戻っていきますので
子宮や膀胱の位置を整えると
下腹ぽっこりや尿もれもすぐに改善いたします。

あと便秘への効果も大きいです。

いままで内臓の施術が苦手だった方、
ウエストのラインをキレイにしてみたい方
ヴィセラルモーションテクニックはすぐに効果を出せます。

ぜひ試してみてください。
ありがとうございます。

関節マスタードットコム
茨木英光

■その他の関節マスター茨木英光のDVD教材

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<腰椎・骨盤編>

⇒  http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionyousui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<頚椎・胸椎編>

⇒ http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionkeitui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<下肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-youtu-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスセミナーDVD <脳・脊髄編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅡ セミナーDVD<顎関節・頭蓋骨編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance2.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅢセミナーDVD<出産・美容骨盤編>

⇒ http://shugi-online.com/s-kotuban-doublemotionadvance3.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<腰部・下肢編>~筋肉の変位を元の位置に戻す~

⇒ http://shugi-online.com/mmt1.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<頚部・上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/mmt2.php

▼ヴィセラルモーションテクニックセミナー DVD

⇒  https://shugi-online.com/vmt1.php

-茨木 英光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.