橋本 典之

「自然に存在しているエネルギーと共鳴する条件」

更新日:

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「自然の法則」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「自然に存在しているエネルギーと共鳴する条件」
についてお話しさせていただきたいと思います。

「治るもの」「治らないもの」と言うのは、
クライアントと先生の関係性の中だけで言えることで、
他の先生には「治せるもの」に変る事だってあり得るのです。

難しいクライアントが来て治せる見込みもないのに
一生懸命に命を削って取り組んでいる先生もいる。

難しい症状のクライアントが来たら、
僕には「治せません」とはっきりと
クライアントに言ったらいいんです。

言えないから苦しみが生まれます。
僕なんかはっきり、
「治せません!」と言う時があります。

どうしてそう言えることが出来るのかと言うと、
自分の持っているもの全部だしてダメならダメなのです。

無いものは出せないのだから、
治る見込みもないという事になるのです。

自分の力の無さを素直にクライアントに
伝えることが出来るのか?
出来たら「楽」です。

出来ないのであれば、
「どうして言う事が出来ないのか?」
自分の心に聞いてみたらいい。

そうしたら、本当の自分が良くわかる。

どれだけ、自分という軸を外して生きているか?
自然体で生きていないか?が良くわかる。

そのような軸では決して良い治療はできない。
その場で治すことが出来なくても

軸があればたとえ力不足でその場では何の助けもできなくても、
それをきっかけにクライアントの自然治癒力が出てきて
回復していくことだってある。

軸がない、またはブレているという事はエネルギー治療において、
それ以外の治療においても媒体として失格であり、
治療家としても問題なんだと思う。

どれだけ素直な自然体に近付けることができるか?
が自然に存在しているエネルギーと共鳴できる条件なのです。

家の玄関をでると誰でも人の目を気にするものです。
目を気にする時点で自我が働いて自然体とは程遠くなっていく。

それはこの社会が作り上げた環境がそうさせているともいえる。
自然体から遠ざかっている自分自身には気づいているようで
全く気付いていないという事になる。

治療で自分の力以上の事をしようとすると
いたるところに力が入る。

身体はもちろん、脳にも力が入るのです。
力の入った脳という事は
「エゴ」が生まれるという事が言える。

そんな脳の状態で良いエネルギーが
先生方の身体に通過するとは思えない。

普段から自然体でいることを頭に入れて生活し、
エゴを出さない事を実践してようやく
治療家の身体が出来上がってくるものだと実感しています。

クライアントの多くは身体も心も偏った状態にある。
その身体をもとの状態に戻すという事は、
先生方が調和のとれた状態でないと絶対不可能なのです。

高次元が低次元を支配するという法則が
3次元には存在しているからです。

先生方が高次のエネルギー体でなければ
低次のクライアントは決して救う事は
出来ないという事になるのです。

このように言っている僕自身も
皆さんと同じく「エゴ」ばかりなのですが。

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

https://shugi-online.com/so-sola1.php

▼治療家のためのチャクラヒーリング

https://shugi-online.com/so-sola2.php

-橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2019 All Rights Reserved.