橋本 典之

「身体を整えるだけが仕事ではない」

更新日:

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「こころの治療の重要性」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「身体を整えるだけが仕事ではない」
についてお話しさせていただきたいと思います。

そもそも、僕は身体の痛みや病気自体、
それほど悪いものであるという認識が
普通の先生方と比べると薄いのです。

もともと概念が違うと見える世界も違って見えてきます。

固定概念があるばかりに
固執した自分自身の考えから離れられなくなっていき、
普通で当たり前の治療から抜け出ることが出来なくなります。

「病気や症状は結果である」という概念。
痛みその他の症状を闇雲に取ってしまっては
その存在の意味が全くなくなってしまうのです。

という事はその存在意味が持ち主である本人が理解したのなら、
病気や症状の存在意味が無くなるという事で、
結果的に病状は消えていくという事が
自然の摂理なのだと思っています。

それを立証したくて僕はやったことのない、
習ったことのないカウンセリングを
勇気をだしてクライアントに始めました。

もちろん初めから上手くいくはずはありません。
失敗の連続で、話がそれることや
答えが全く見つけられない事や、
時間が掛かり過ぎて自信を無くしたことも多々あったのです。

でも今、こうしてクライアントに対して
カウンセリングを行えるようになっています。

そして、こころと身体の繋がりをリアルに感じながら、
エネルギーの不思議さにいつも驚かされているのです。

治療家は痛みを取ればそれで良いというものではありません。
僕も経験がありますが、痛みが取れたからと言っても、
目の前のクライアントの目の奥が曇っていることを知っています。

不安や恐れが心の深いところにあることを
目はいつも物語っていました。

肉体だけを治して、「これで治るはず」そう思っていては
先生方の学びも大変少なく、勿体ないものになってしまいます。

知らず知らずの内に「傲慢」になっていることに
気づかないでいるのです。

心身一如と言われる心の探求が
治療家が本腰を入れて取り組んでいかなければ
ならないものなのではないでしょうか。

こころは目に見ることはできないし、
捉えようのないものですが、少しでも理解できると
身体に大きな変化を起こすことは間違いありません。

そして、クライアントの目がキラキラと
本当の輝きを取り戻し、希望に満ち、
勇気に溢れたものに変化していくのです。

それ故、クライアントの人生に関わる仕事を
させていただいていると僕自身自負しています。

今では、僕と話をしたくて来る
クライアントさんもおられます。
それでも僕は良いと思っています。

身体を整えるだけが我々の仕事ではないはずです。

ある人に、
「先生は本来僧侶がする仕事をされていますね!」
そう言われました。

僧侶たちがしないなら、
我々が代わってすればよいと僕は本気で考えています。

治療家は治すだけにとどまらず、
目の前のクライアントが明日から少しでも
笑顔で楽しく人生を歩めるように

背中を押していく存在にならなければいけないと
僕は感じています。

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

https://shugi-online.com/so-sola1.php

▼治療家のためのチャクラヒーリング

https://shugi-online.com/so-sola2.php

-橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2019 All Rights Reserved.