茨木 英光

「頚椎の触診」

更新日:

先生、こんにちは。
茨木英光です。

頚椎を触診をする際に
どのように数えていますか。

頚椎は7つなので
以前は1番から7番まで数えていました。

しかし矯正する際には頚椎を動かすのではなく、
頚椎の椎間関節を開くために矯正するので、
関節の数、つまり8つ数えるように変えました。

頚神経は8本あります。
C1(第一頚神経)は後頭骨と環椎の間から出ています。
そしてC2は環椎と軸椎の間から。

つまり椎骨の番号の上に同じ数の神経が出ています。
そしてC8は第7頚椎と第1胸椎の間から出ています。

そしてTh1(第1胸神経)からは
同じ番号の下の椎骨から出ていくわけです。

このように頚椎の椎間関節は8個あるわけですから
触診の際には指を椎間関節に当てて8個数えます。

椎間関節は頚椎の椎骨間の凹んだところにあります。

この方が触診がとても簡単で、
どのようなゆがみ方をしているのかよく分かります。

そして矯正も思い通りに行えるのです。

カイロプラクティックの学生のころは
後頭骨の矯正を乳様突起にコンタクトして
動かすように習いました。

しかしめったにうまく動かすことができません。
また、矯正を受けるときも非常に恐怖感が伴います。

しかし実際に動かしたいところは環椎後頭関節なのですから
その関節部分にコンタクトすればいいのです。

これで確実に動かすことができるようになりました。

何事も習ったことを鵜呑みにするのではなく、
疑問を持ち、自分で開発する心構えが大切だと思います。

だから僕の矯正はカイロプラクティックアジャストメントとは
随分変化して独自のものとなってきました。

モーションパルペーションもほとんど行いません。
ぱっと触ればすぐに変位が分かります。

モーションパルペーションをするから
かえって分かりにくくなっているとすら思っています。

僕の言っていることが正しいかは別として
何事も研究すると自分の知識や技術が向上すると思います。

ありがとうございます。

関節マスタードットコム
茨木英光

■その他の関節マスター茨木英光のDVD教材

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<腰椎・骨盤編>

⇒  http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionyousui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<頚椎・胸椎編>

⇒ http://shugi-online.com/p-kansetsu-doublemotionkeitui.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<下肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-youtu-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックセミナー DVD<上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotion.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスセミナーDVD <脳・脊髄編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅡ セミナーDVD<顎関節・頭蓋骨編>

⇒ http://shugi-online.com/s-katakori-doublemotionadvance2.php

▼ダブルモーションテクニックアドバンスⅢセミナーDVD<出産・美容骨盤編>

⇒ http://shugi-online.com/s-kotuban-doublemotionadvance3.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<腰部・下肢編>~筋肉の変位を元の位置に戻す~

⇒ http://shugi-online.com/mmt1.php

▼マイオモーションテクニックセミナーDVD<頚部・上肢編>

⇒ http://shugi-online.com/mmt2.php

▼ヴィセラルモーションテクニックセミナー DVD

⇒  https://shugi-online.com/vmt1.php

-茨木 英光

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2019 All Rights Reserved.