橋本 典之

「人は身体と精神と魂で出来ている」

更新日:

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「「自分の想い」を貯めないで生活するには」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「人は身体と精神と魂で出来ている」
についてお話しさせていただきたいと思います。

毎日、クライアントが来て治療している。
そんな自分を俯瞰してみてみる。

本当に自分が治しているのか?
ふとした時にそう思った。

多くの人を救っているはずだと思いたいのだが、
本当に自分が治しているのか?

ある時、手に負えないクライアントが来た。
その時、僕が選んだのは「そのまま帰す」ことだった。

何もする手立てもなく、やることが全く無かった僕は
ただ「大丈夫だよ」
それを繰り返し言い続けることだった。

「自分が出来ることを100%やる」
それが僕の信条なので、
今自分が出来ることをその場でやっただけ。

自分の中から出てくる、
自分への不信感をコントロールすることだけで
精いっぱいだった。

でもすることがなかったから仕方がない。
それが全てだ。

気まずい雰囲気を肌で感じながら、
その日の診療を終えた。

何日か経って再度来院されたクライアントは
驚くほど回復していた。

やっぱり治しているのは自分ではなかったのか。

自分は何もできなかったが、
100%何もしていないというものではない。

「大丈夫だよ」と言う言葉を掛けていた。
それが良い結果を生んだのかは分からない。

我々はただそこに居るだけの存在でもいいんじゃないか?
そう思えてならない。

痛い時、調子の悪い時にただそこに寄り添う存在。

もし僕が今以上の治療家を目指すのであれば
それができないと、もう先はないと思う。

自分と言う存在を意識している以上
治療において限界は来る。

「大丈夫だよ!」とただ言うだけで、
何もすることが出来ないという状況を
僕に与えてくれたという事は、
その方向が正しいと言っているのか?

もしそうならその方向に僕は迷わず進んでいこう。
誰が何と言おうと。

誰でも「治し方」や「方法」を知りたいという気持ちはある。
しかし、そんなもの初めから本当は無かったんじゃないのか?
そういった視点から考えるのもいいだろう。

所詮、「治し方」や「方法」なんて人間が考え出したものだし、
やっぱりそれには限界がある。

その限界を感じるから多くの治療家は
次々と新しいものを求める。

しかし、求めても求めても満たされないのが
「人によって作られたものの限界」なのだ。

治療家として求めるのは「奇跡」ではない。
当たり前の奇跡を求めたい。

ただ寄り添うことだけでは意味がない。
どんな想いでそこに居るのか?
そこが重要なのだと思う。

そこには心があるのか?
そこには愛があるのか?

それは頭で考えて出来ることではなく、
本当の意味で人として成長していなければ
決して出来ない事である。

人は身体と精神と魂で出来ていると言われる。
「霊性の進化」を追い求めないと
理想の治療家にはなれないという事か。

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

https://shugi-online.com/so-sola1.php

▼治療家のためのチャクラヒーリング

https://shugi-online.com/so-sola2.php

-橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2019 All Rights Reserved.