橋本 典之

「世の為、人の為」

更新日:

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「媒体の質 後編」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「世の為、人の為」

についてお話しさせていただきたいと思います。

そもそも何故僕がヒーリングを始めたのか?

僕は昔から治療の達人にあこがれていた。
一瞬で人を楽にすることができたらどれほど喜ばれて、
そして楽しいだろうかと思った。

別に手段は何でもよかった。
たまたまヒーリングにであった。

ヒーリングという、治療とは少し違った視点から
治療現場を眺めることができて、
今迄の治療に対する考え方や、
やり方に疑問を持つようになり、
全く新しい気づきを得ることができ、
そして自由な発想で探求して行った。

それによって、治療時間が短縮したり、
いままで治せなかったものが簡単に治るようになったり、
自然治癒の仕組み又は、身体が良くなる仕組みや悪くなる仕組みが
少しずつ見えてくるようになった。

そもそも何故、ヒーリングのセミナーを始めたのか?
この世では「知らない」と言う程、勿体ないことはないと思っている。

「知らない」ばかりに「損」をしたり、
「苦しんだり」「悩んだり」
「自分を責めたり」「疲弊」したりすることもある。

「知らない」という事は、何かによって知らされない限り、
死ぬまで知りえることはないという事になる。

一生とは意外と短いもので、
治療家人生は刹那的に過ぎていってしまう。

「知らない」が「知った」に変ったとたんに、
僕の治療の次元も結果も様変わりしたし、
人に対する見方や考え方も変わり、
それ以上に自分自身の生き方や考え方までが変ってしまったほどだ。

それはタイムマシーンに乗って時代を瞬間移動したような感覚だった。

だって、昨日までできなかったことが、
本質を知ったとたんにできるようになってしまったのだから、
そう思うのも仕方がないことだろう。

僕は人を楽にするってことは、
もっと難しいものだと思っていたんだけど、
実はそんなに難しくなく、とてもシンプルなものだと気づいたんだ。

僕も様々な療法を学んだけど、どれも難しく表現していて、
治すことには大変な修行が必要なのかもしれないと思い込んでいた。

でも、それは「やり方」であって、
決してその方法で治療をしなければいけないというものではなく、
やり方が違っても効果が同じで、
それで楽ならいいのではないか?と思った。

シンプルな方法を知った僕は、
そのことを自分だけのものにしておいては勿体ないと感じて
多くの人に知ってもらおうと思ったのがきっかけだった。

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

https://shugi-online.com/so-sola1.php

▼治療家のためのチャクラヒーリング

https://shugi-online.com/so-sola2.php

-橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2019 All Rights Reserved.