橋本 典之

「治し方はない?」

更新日:

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「治療に対する考え方」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「治し方はない?」について
お話しさせていただきたいと思います。

僕の店には人間だけではなく、
犬や猫ちゃんもやってきます。

ほとんどの場合は、
動物病院でいろいろな検査をしたが異常がなく、
それでも症状がでているものです。

足に力が入らなかったり、足の震えが止まらなかったり、
どうみても元気のないものまで、
それらは人間の症状とかわらないように思います。

そんなワンちゃん猫ちゃんの治療は、
人間と全く同じように行います。

僕の治療は身体の不調が分かりさえすれば良いので、
人間も動物も変わらず治療が出来るんです。

治療はチャクラやエネルギーを感じることから始めるのですが、
それはワンちゃんや猫ちゃんも同様に同じように感じます。

人間と同じように、ワンちゃん猫ちゃんにも
チャクラやエネルギー体というものがあるんですよ。

そして、人間と同等とは言わないが、
感情もしっかり持っています。

この前に来た猫ちゃんなんかは、
元気がなく顔にも精気を失っていました。

話を聞くと飼い主が引っ越して、
猫ちゃんだけが置いて行かれたようでした。

その寂しさがチャクラにもしっかりと表れていて、
目にも感情通りの輝きしかなかったのです。

飼い主にもそれなりの理由があるとは思いますが、
あまりにも一方的で、置いて行かれた猫ちゃんにとっては、
なぜ置いて行かれたのか?
も理解が出来なかった事でしょう。

僕はそんな猫ちゃんの気持ちが伝わってきたから、
「大丈夫」「大丈夫」
その言葉をずっと掛けて
ポンポンと身体をリズミカルに叩くことをしました。

猫ちゃんにもハートチャクラがあります。
元気が無かったハートチャクラも分かって上げて、
優しくコミニケーションを取ることで
調和を取り戻してきます。

骨格に歪みや自律神経の乱れも治っていくのです。
そうやって、身体の機能を正常にすることは
自然の回復の助けになるのです。

猫ちゃんが喋ったら面白いけど、それは無理ですから、
猫ちゃんのエネルギーの調和が起きていたら
それで回復に向かう印です。

そのように治療を数回繰り返していくと、
だんだんと回復して行ってくれるのです。

目に力が蘇り、ハートチャクラも正常な状態で安定してくる。
最初にポンポン叩いた時の身体の不安定感は今は無く、
ポンポン叩いても、ビクともしないくらいにしっかりとしていて、
大地に足を踏みつけているように感じます。

当然、毛並みも良くなり、
見違えるような輝きをはなっています。

ワンちゃんも猫ちゃんも自分の中から
自然治癒力を引き出してくれた。

僕がやったことは、
「大丈夫 大丈夫」とただ言いながら、
背中を叩いたことぐらいなんだが、
それでもしっかりと回復をしてくれている。

それを目にすると、
「やっぱり治し方なんてないんだな」
そう思わざるを得ない。

試しに人間にも同じようにトントンと叩いて、
「大丈夫」とやってみた。
そうしたら、異常が全て消えていた。

治し方に拘っていたのは幻想だったんだと、
猫ちゃんから教えてもらったように思います。

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

https://shugi-online.com/so-sola1.php

▼治療家のためのチャクラヒーリング

https://shugi-online.com/so-sola2.php

-橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2020 All Rights Reserved.