戸栗 公男

人気先生の心得 その2

更新日:

こんにちは!

【人気先生ドットコム】の戸栗でございます。

まもなく3月云々

お雛様関連の飾り付けをしていますか?

雰囲気で良いのですよ。雰囲気で。

人気先生の心得2

今日は、いつもとはちと違う形でのお話。お付合いください。

去る2月12日に、久しぶりに新大阪でコミュニケーションのセミナーを開催しました。

準備に8カ月。もうノイローゼになる程、構築に集中しましたよ。

お陰様でキャンセル待ちが数名出る程反響があり、

会場ギッチリで、しかも9時50分から18時まで座学ミッチリと、

質問が出る余裕がない程有益な情報を放出する事が出来ました。

参加頂いた方には感謝致すところであります。ありがとうございました。

さて、この「コミュニケーションスキル」。

とても有益で面白い内容なのですが、

提供する側からすると、特に施術家に対してはとても売りにくいジャンルなのです。

経験上、他の業種、特に起業を目指している方や、

情報収集に積極的な方々は飛びつくスキルなのですが、何故だろう?

色々と施術仲間と理由を検証してみるとこうなりました。

1.施術家は何と言ってもテクニックが好き

⇒まぁ当たり前で、正当な回答ですね。

2.施術家はスグに数字になる、形になる物が好き

⇒これは、ニュースレターの書き方や、反応率の高いチラシなど【紙媒体】の活用術。

そしてホームページ、ブログ等での効果的な集客法など【オンライン】の活用術など。

3.そもそも重要性が分かっていない

⇒これには二つあって、本当に分かっていない人と、

何となく重要性は分かっているが、
具体的に何をどうすれば良いのかが分からなない。

と、こうなるのです。

ですから優先順位からすると二の次三の次と後回し。あ~もったいない。

話を変えましょう。

そのセミナーの導入部に、医道の日本社が行った
「第5回現代鍼灸業態アンケート」のひとつを、
許可を得て引用させてもらいました。

これは月刊誌「医道の日本」読者に対して行ったアンケートです。

その中で「治療院の生き残りの条件は何だと考えますか?」
というものがありました。

(私の立場的に「治療」の語句は使用できませんが、そのまま引用しています)
そしてアンケートの結果がコレ。

第一位が技術

第二位が人柄

第三位が保険の導入

第四位が鍼灸の社会アピール

そして第五位がプラスαのサービス

第三位と第四位は鍼灸業界らしい回答ですが、
第二位の「人柄」って、何やら奥が深そうな回答ですね。

結果、医道の日本社の編集者は
「治療院の生き残りには技術と人柄が必要条件」
と締めています。

人柄・・・・。

斎藤ひとりさんやザ・シークレットに代表される
「ポジティブ思考」の書籍を読み漁れば得られるものでしょうか?
ブログやフェイスブックで「感謝感謝!」系や
「癒し」系のポジティブ投稿を連発すれば
備わって来るものなのでしょうか?

う~ん。間違いではありません。

そこで私なりにこの「人柄」と言うものを、こう解釈してみました。

「人間性・人となり・人間力」と。

もっと具体的に言うと

● 自分のことを理解しコントロールできる力を持つ人

● 自分を常に持ちつつ相手の立場で考えられる心を持つ人

● 相手を受け止められる器を持つ人

● 相手と心からの信頼関係を築ける力を持つ人

まぁ色々な角度からの切り口はあると思いますが、私なりの解釈です。

これを【コミュニケーションスキル】というジャンルから紐説いていく。。。

ですから、コミュニケーションの能力を高めるとは、単に

「相手に正しく情報を伝える」だけではなく、

「自分と相手を理解して共感する」ところに本質があると言えるのです。

「理解と共感」

これが大切であると覚えておいて下さい。

人気先生の心得2

コミュニケーションを高めるとは【理解と共感にある】

補足ですがこれらに、先に話した書籍などから得られる

ポジティブな「思考」をする

情愛ある「感情」を持つ

道徳心ある「行動」をする

などが加わることも大切です。

ではまた!

人気先生ドットコム

戸栗 公男

人気先生ドットコムより新作DVDが登場です!
コアシステムセミナーDVD

こちら⇒ http://www.shugi-online.com/p-ninki-core.php

【戸栗 公男先生】教材一覧は

こちら⇒http://shugi-online.com/mr_toguri.php

-戸栗 公男

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.