戸栗 公男

怖がらずいっぱい情報を収集して、視野を広げて行きましょう

更新日:

先生こんにちは!

【人気先生ドットコム】の戸栗でございます。

スギ花粉もすっかりなくなって、
多くの花粉症の方は楽になったことでしょう。

花粉症をお持ちの方、今年はどうでしたか?

私は昨年よりは的確に「薬」を使いましたのでとても楽に過ごすことができました。

患者さんに内科のドクターがいらっしゃるのですが、
今年は中国からの黄砂の影響もそんなにひどくなく、
花粉症状の方も昨年よりは少なかったようです。

このドクター曰く、
近年、黄砂の影響を受けて花粉症に拍車がかかる人と、
黄砂だけの影響で花粉症状と感冒症状の複合した、
新たなアレルギー症状が増えている感じがすると。

日本まで飛んでくる黄砂の粒子は、
スギ花粉のそれとは比べ物にならないくらい小さいので、
呼吸器に悪影響を与えているそうです。

中国大陸の砂漠化と工業化に拍車がかかると、
花粉と黄砂が舞う時期には「防護マスク」
なるモノを着用しなければならない時代が来るかもです。

おーコワ!

怖がらずにいっぱい情報を収集して、視野を広げて行きましょう!

さて、今回も「コミュニケーション」のお話をします。

先日、とある施術家勉強会で、
2時間ほどお時間を頂き「コミュニケーション講座」を行いました。

私の【コアシステムセミナー】の宣伝も兼ねてはいたのですが、
施術家がコミュニケーションスキルを高めておかなければならない理由に
特化して説明させてもらいました。

【コアシステムセミナーDVD】

こちら⇒ http://ninki-sensei.com/core-system/

限定100本のみ!! 5/2日まで先行発売中!!

お陰さまで大盛況。

ただ、一部でしょうが、コミュニケーションの必要性と
重要度をあまり理解していない先生がいるのも事実。

まだまだコミュニケーションスキルと聞くと、「話す技術」と勘違いしているようです。

まぁしょうがないのでしょうか。

また、他の施術勉強会グループの主宰者数人とお話して感じたのが、
施術家も二極化がハッキリし始めている事です。

これは繁盛している・していないのくくりではなく、情報収集能力が高い・低いの違い。

そこでこの数字を見て下さい。

内閣府消費動向調査によるインターネット普及率は、
2011年3月の時点で1位はニュージーランドの83.9%、2位が韓国で80.9%。

日本は78.4%でアジア諸国では第3位となっているそうです。

ただ3位ではありますが、78.4%と言っても実際にメールを開くのが週に1回とか、
ネットをあまり見ませんなんて方もいらっしゃることでしょう。

特に、施術院のホームページを持たない先生はパソコンを開く時間が極端に少なくなり、

ネットからの情報収集が極端に低くなり、それが結果的に

「視野が狭い」

という状況を作ってしまうようで
「フェイスブックって、なに?」

という30代のツワモノ先生もいらっしゃいました。

この状態が良いのか悪いのか?

という考えで見るのではなく、
「得か得じゃないか」として考えて欲しいのです。

その着眼点で言うならば、
ネット不得意さんは「得じゃない」になるでしょう。

新聞やテレビのニュースで、世の中の動向、
情報を得ることは十分できると思いますが、

それだけでは私達施術業界の情報を得ることは、まぁ不可能に近い。

インターネットがなかった頃は、
カイロジャーナルとカイロタイムズという二大無料情報新聞、
月刊医道の日本などから、情報としては偏っていたかも知れませんが、
施術業界の「動き」を知ることが出来ました。

でも今は時代が確実に変わりました。

また「視野を広げる」意味からは、施術業界に固執することなく、
関連する情報をインターネットでは、いとも簡単に手にすることができます。

特にメルマガとブログ。

またフェイスブックなるものも、単に「交流の場」としての活用ではく、
よりリアルな情報を感じ取ることができるのです。

これがなぜ得なのか?

新しい情報を仕入れれば、新しいテクニックを勉強するチャンスが訪れる?

それもそうなのですが、私が言いたいのはそこではありません。

一方通行ではありますが、
「人が書いた(作成した)コミュニケーション手段」を読むことができるからです。

新聞やニュース、書籍は、いわば「物書きのプロ」が書いたもので、
これはこれで大変勉強になるものですが、私達は日頃、物書きの素人、
しゃべりの素人である患者さんを相手にしています。

私もセミナーやメルマガを書きますが、
ソコソコ上手な部類に入るくらいで、プロではありません。

私達施術家は、その素人同士のコミュニケーションにおいて、
お互いの「感情・意思・思考」の情報を交換しながら共有化して、
良い関係を築いていかなければならないのです。

その能力を高めるためには、
日頃からインターネットで得ることができるメルマガやブログ、
コミュニティなどの素人が書いた情報、よりリアルな情報を目の当たりにすることで、

「相手が何を伝えたいのか?」

「裏があるのか、ないのか?」

などを察する機会を多く作ることができるのです。

つまり、情報の選球眼が高まるのです。

さらには

「この表現は面白い」

「こんな表現もあるのだな」

などと、自分が情報を発信する時の参考にもなりますね。

このような日常の心がけでも、
コミュニケーションスキルは高まってくるのです。

「変にメルマガを登録してスパムメールがいっぱい来る」

「何か買わされるのではないか?」

「誘いのメールがしつこい」

という心配も分かりますが、

それを自分で処理する能力もこれからは必要ですよ。

一応、私も「売る側」として言わせて頂くと、
商売をしている以上は「営業」があるものです。

施術家が次の来院を促したり、回数券をおススメするのと同じように。。。(笑)

怖がらずにいっぱい情報を収集して、視野を広げて行きましょう!

頑張って下さい。

ではまた!

人気先生ドットコム

戸栗 公男

人気先生ドットコムより新作DVDが登場です!
コアシステムセミナーDVD

こちら⇒ http://www.shugi-online.com/p-ninki-core.php

【戸栗 公男先生】教材一覧は

こちら⇒http://shugi-online.com/mr_toguri.php

-戸栗 公男

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.