橋本 典之

「痛みや病気が何故生まれるのか?」

更新日:

先生、こんにちは。
ソーラ・ヒーリングアソシエーションの橋本 典之です。

前回は、「触らない治療へ移行する方法」を
お話しさせていただきましたが、
今回は「痛みや病気が何故生まれるのか?」
についてお話しさせていただきたいと思います。

クライアントで痛みや違和感で苦しむ人の多くは、
心にも安らぎがありません。

こういうと「宗教」見たいと言われますが、
本当にそうなんだから仕方がない。

本当にそうならば、そこを何とかしなければ、
本望ではないと僕は望んでいるから
今の道に来たと言える。

痛みや病気が何故生まれるのか?
その発生機序を長年研究してきて
チャクラカウンセリングという
新しいコンテンツが生まれ、そこに散りばめている。

ソーラヒーリングでも
「身体の症状はメッセ―ジである」
そう言っていた。

正しくその通りで、身体に現れる症状、
エネルギー、チャクラも
全てがメッセ―ジであると思っている。

何故、痛み、苦しむのか?という問いに対して、
はっきりと理解できる人は
そんなに多くはないと思っている。

なぜなら、それにはその人の思い込みや、
概念を変えていかなければならないからです。

「黎明」をご存じだろうか?
最初のDVDでも紹介させていただいたが、
葦原瑞穂氏によって書かれたスピリチャルな本だ。

この本にその答えは書かれている。

そこには「霊性の進化」。
人はなぜ生まれ変わって輪廻しているのか?
(ここも概念を変える必要があります)

それは、「霊性の進化」があっての事。
人は成長するために生まれてくると僕は思っています。

痛みや病気はメッセージであるとするならば、
それは誰にたいするメッセージなのか?
正しく自分自身に向けたメッセージなのです。

それは、自らを成長させる目的で発せられている
メッセージであると取るべきです。

そこに意味があるとしたら
「霊性の進化」にとって重要なメッセージが
込められているという事になります。

悪いことは誰でも嫌だと思うのは当たり前の事ですが、
良い事だけの人生はある筈もありません。

ポジティブもネガティブにも
それぞれメッセ―ジが込められていて、
貴方が受け取るようにできています。

ネガティブな出来事を「嫌だ嫌だ」といっていては
「心の安らぎ」はある筈もありません。

どうやってネガティブをポジティブに変えていくのかが
「霊性の進化」に関わっていると思っています。

どうして痛むのか?どうして病気になるのか?
などと自分の想い通りにならない事に
思い悩むのはもうやめようではありませか。

その痛みも病気も全てあなたに向けられた
暖かい光であると信じることができたら、

ソーラ・ヒーリングアソシエーション
橋本 典之

■ソーラ・ヒーリング(R)ドットコム 橋本先生のDVD教材

▼ソーラ・ヒーリングセミナーDVD<アチューメント>~手技療法家のためのエネルギー施術~

http://directlink.jp/tracking/af/1348742/t74qC9G4/

-橋本 典之

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.