松本 恒平

エネルギー・気功・構造体分子レベルの施術の合致

更新日:

先生、こんにちは。
関節アングル整体
代表の松本恒平です。

いや~毎日、暑い日々ですね!!
室内暮らしの松本は、白い肌で、
この時期すぐに外に出たら赤くなり
すぐに、こんがり日焼けしてしまいます(笑)

この時期、水と塩が欠かせないのですが
関節アングル整体の発生学では水を扱います。

その水とエネルギー体はすごく関わります。
ただ、その見えないエネルギー体ではなく
体の中のエネルギー体と外のエネルギー体の統合が大事です。

体に触れた時に、何が反応するかというと
細胞レベルで、分子構造体であることも大事なのです。

発生学の中で、渇きのfieldがあり、
脱水がおきると骨になっていくフェーズがあります。
それは、骨が液体からの派生であることを理解しておくことです。

細胞内液、細胞外液で99%水です!

であれば
硬い組織になっているという事は
組織の水分バランスが崩れていることに気づかないといけません。

神経自体も水の流れが無いとスムーズになりません。
血管が詰まれば神経も動きが悪くなります。

脱水をさせるのは、渇きのfieldをつくり、
さらに組織を骨化、硬化させますし、
無駄な強い力であればあるほど悪化するのです。

ということは、もし、手技をしている先生が強く押していくことは
時としてさらに脱水をさせて硬くさせる事を理解しないといけません。

水も一定の振動レベルと周波数を放っているので
実は我々の刺激は、単なる刺激では意味が無いのです。

体の組織でも閾値をこえると悪化するのです。
その為、適切な圧力があるのです。

その為、筋肉をあつかう、骨のテクニック
関節のレベルのテクニックをすることは
液体、細胞レベルまで施術をしていけると言えるのです。

もし、そのレベルにアクセスするという概念が
見える範囲の解剖レベルで止まっているなら
そのレベルまでしか解放ができないかもしれません。

そうなると、筋膜が描かれたテンセグリティモデルの
範囲内でしか治療ができなくなります。

もしかするとその部分にしか
リリースがかかっていないかもしれません。

実は、膜を構成する液体の水は、
六角形をしているので
それをも理解しておくことも大事なのです。

まったく違うレベルのエネルギーでは
患者さんに関係ない事があります。

それは、治療者がいくら
「ちゃんとやっている!」と自負しても、
患者さんの肉体・エネルギーに対する診断が間違っているからです。

その為、人間に関するエネルギー体レベルで無いものを
その患者さんに関して関係無いレベルの物を入れてしまうと
悪化する事もあります。

特に構造体にアクセスするときに
皮膚、膜、骨レベルでアクセスする事です。
空間技だけをしないことです。

必ずその人の「原因」を受け取りながら
触診し、感じて、施術をすることです。

そういう意味でも、関節アングル整体の
触診レベルからの施術は奥が深いのです。

ぜひ、このメルマガを読んでいるあなたには
本当に実践してもらいたいですね。

実際に、良くなれば、
体は、どんどんゲル状になっていきます。

毎日、精進です(^^)/
本日も読んでもらいありがとうございました。

関節アングル整体
松本 恒平

■関節アングル整体松本先生のDVD教材

▼関節アングル整体セミナーDVD~発生学に基づいて創り上げられた新たな手技療法~

http://directlink.jp/tracking/af/1449658/b1TZ43mI/

▼関節アングル整体セミナーDVD<難治腰痛編>~脊柱管狭窄・坐骨神経痛・ヘルニア~

http://directlink.jp/tracking/af/1449658/dlQlLlEj/

-松本 恒平

Copyright© 手技オンラインドットコム通信 , 2018 All Rights Reserved.