最新記事

【手島昌彦】<足の痛み>外反母趾、モートン神経腫、足底腱膜炎などの原因は『軟足』

先生、こんにちは。
てしま整骨院院長手島昌彦です。

今回の動画では「軟足」についてお話したいと思います。

軟足とは、聞きなじみがない単語かと思いますが、これは身体を作る筋骨神経などの結合組織がありますが、その結合組織のゾル、ゲル反応による弛緩性の足部体のことを言います。

患者さんなどで、足の裏や指先を触った時に柔らかい人、抵抗感がない人の足の事を軟足といいます。

軟足の問題は、外反母趾、内反小趾、開張足、ハンマートゥ、有痛性外脛骨、モートン神経腫、シンスプリント、腫部脂肪体症候群、足底腱膜炎、足根管症候群といった症状を引き起こしやすくなる点にあります。

しかも、これは足だけの問題でなく全体的な問題を示しますので、膝回りや股関節、仙腸関節にも様々な問題を起こす目安になります。

動画では、足を触った時に柔らかい人、同時に腰回りや股関節回りにも締まりがないという人へのアプローチをご紹介していますので、是非ご覧ください。

動画はこちら
↓↓↓


手島先生のDVD教材


▼DVD教材▼