最新記事

『三点インソール』とは~インソールの常識を覆す「三点バランス保持理論」とは

『三点インソール』とは~インソールの常識を覆す「三点バランス保持理論」とは

「三点インソール(三点バランスインソール)」が注目されているのは、一般的なインソールと比較してみると姿勢やバランスがまったく異なるからです。
しかも注目しているのは、症状に悩まれている患者さんだけではなく、施術家の先生が多いという点なのです。

三点インソールとはどのようなものなのか、ご紹介していきましょう。

『三点インソール』とは~一般的なインソールとの違い

「三点インソール」とは関口正先生が開発したインソールで、「三点バランス保持理論」をもとにして作成されたものです。

「三点バランス保持理論」とは「足裏の拇趾球」「小趾球」「かかと」の三点を安定させるだけで、無意識に正しい姿勢が保持できるようになるというものです。

つまり、今までのアーチ理論に基づいたインソールとは、まったく異なるものであると言っても過言ではないでしょう。

一般的なインソールでは、土踏まずのアーチを維持しようとするものです。
私たちの足底はアーチ状になっており、その形状であるために体重をうまく支えることができ、運動をしても関節などに負担がかからないようにできています。

しかし偏平足のように土踏まずのアーチが損なわれてしまうと、足に大きな負担をかけてしまうことになり、足が疲れやすくなり、足のバランス自体も崩れてしまいます。
そのため、足だけではなく膝や腰などの痛みの原因となり、疲労の蓄積を生じさせてしまうようになります。

しかし、数千名にも及ぶデータを集め分析してみると、間違ったインソールを使用することによって、さらに筋力低下ケガを誘発させる原因になることが分かったのです。
そこで得られた「三点バランス保持理論」によって開発されたインソールが、「三点インソール」なのです。

三点バランス保持理論の確立した関口正とは

「三点インソール」を開発した関口正先生は、株式会社HBBT代表取締役であり、技術顧問を務められています。
もともとスポーツメーカーにおいてスキー靴の開発業務に従事されており、その後、スポーツ選手の運動指導やバイオメカニクスの研究に携わっておられます。

その当時からインソールに深い興味を持ち、研究を積み上げてこられました。
その研究によってたどり着いたのは「三点バランス保持理論」

プロスポーツ選手やスポーツ指導者と関わる中で、間違った靴と歩き方によって健康を損なっているということに気が付いたのです。
研究を重ねた結果、「足裏の拇趾球」「小趾球」「かかと」の三点をバランスよくしっかりと安定させることによって、無意識に姿勢を保持させることができることが分かりました。

その理論に基づいて作成されたものが「三点インソール」です。
正しい立ち方や歩き方が無意識に安定させることができるインソールとして、注目されるようになったのです。

施術の分野で活用されている三点インソール

関口先生による三点インソールのセミナーが開催されていますが、そのセミナーは単なる展示会や販売会のようなものではありません。
施術家の先生に向けてのセミナーが数多く開催されており、しかもセミナーを受講した先生から「インソールに対する考え方が変わった」「施術の概念が変わる」という驚きの様子が見受けられるのです。

三点インソールを活用するだけで姿勢に変化が

三点インソールは関口先生による「三点バランス保持理論」がベースになっており、「足裏の拇趾球」「小趾球」「かかと」の三点で支えられるようになり、バランスが良くなります。

実際、活用されている方の中には、わずか1~3週間程度という短い期間で、前傾で今にも倒れそうな姿勢であったにも関わらず、正しい姿勢に改善されている方も数多くおられます。

関口先生のセミナーでは、実際に一般的なインソールと三点インソールに乗った状態で、どのくらいバランスに違いが生まれるのか体感されています。

一般的なインソールの上では、少し押したり引いたりといった力を加えることによって、すぐにバランスを崩してしまいます。
しかし、三点インソールの上では、かなり強い力をかけたとしてもバランスがなかなか崩れないのです。

なぜこのようなことが起きるのかと言うと、一般的なインソールに「ある」ものが、三点インソールには「ない」ためであると言われています。

施術の分野で活用されている三点インソール

関口先生の「三点インソール」セミナーを実際に受けてみて、施術に活用されている施術家の先生が増えています。
痛みや症状の改善がなかなか見られない根本原因が、間違った姿勢や歩行、あるいは靴にあるということを理解し、三点インソールを活用して施術に応用されているのです。

三点インソールを活用することによって、患者さんに本来備わっている能力を引き出すことができますから、根本治療に役に立つのです。

上記でもお伝えした通り、短期間に症状を改善させ、患者さん自身にその効果を実感してもらうことができますから、経営の観点から見ても差別化を図ることができるようになります。

三点インソールは普段の靴や履物に入れて活用するだけですから、とても簡単に施術に導入することができます。
しかも消耗品であり、定期的に購入してもらう必要がありますので、施術のリピート率も高めることができるのです。

さらに、先生自身の信頼感を高めることにも繋がります。
導入する施術家の先生が増えている理由も理解できるのではないでしょうか。

三点インソールを施術に取り入れるには

三点インソールを自身が経営する施術院に取り入れるには、関口先生のセミナーを受講し、「三点バランス保持理論」を学ぶことをおすすめします。

セミナーを受講するには、詳しく解説されているセミナー動画、『三点バランスインソール セミナーDVD~足裏から全身を劇的に変化させる三点バランス保持理論~』を視聴すれば効率よく学ぶことが可能です。
視聴時間は約3時間半で、関口先生が自ら丁寧に理論を解説されており、監修されているテキストを手に入れることもできます。

さらに、実際に「三点インソール」を1足、受け取ることができますので、自身で体感することもできるのです。
本来ならば約5,000円の三点インソールが、無料で付いてきますのでかなりオトクな動画です。

インソールのカッティングを学ぶこともできますので、すぐに施術に取り入れることもできます。
まずは公式サイトから、無料で視聴できる動画をご覧いただきたいと思います。