足の手技

【杉本錬堂】ふくらはぎを柔らかくする方法

先生、こんにちは。
天城流湯治療法の杉本錬堂です!

本日は、ふくらはぎを柔らかくする方法についての動画を公開します。

ふくらはぎを柔らかくするには、まず最初にふくらはぎの一番上に存在している腓腹筋の始点を切ります。
この時点ですでにふくらはぎは柔らかくなっているはずです。

次に、腓腹筋をアキレス腱にそって切っていきます。
これでさらにふくらはぎが柔らかくなります。

次は腓腹筋の下、ヒラメ筋の腓骨につながっている起点を切ります。
ヒラメ筋の最後も切ります。
そうするとヒラメ筋は柔らかくなります。

実際には、その下に様々な筋膜(長趾屈筋、長母指屈筋、後脛骨筋)が存在していますが、人によって流れがわかりにくいので、慣れないうちはその一帯を何回か切ると、当たります。

切っただけでも柔らかくなりますが、最後に必ず骨からはがす作業をしてください。

動画で詳しい手順を確認できます。
↓↓↓


錬堂先生のDVD教材


▼DVD教材▼