最新記事

整骨院や接骨院では自費メニューが求められている!スムーズに自費移行するには

整骨院や接骨院では自費メニューが求められている!

整骨院や接骨院を経営していると、どうしても保険治療での限界を感じることがあります。
そのため、保険治療から自費治療に移行したいと考える治療院経営者は少なくありません。

ただ、自費治療への移行を進めてみると、既存の患者さんが離れてしまったり、なかなか売上が思うように上がらないということもあるのではないでしょうか。

しかし、患者さんはすべて保険治療を求めているわけではありません。
いや、むしろ自費メニューで積極的に治療してほしいと考えている患者さんは少なくないのです。

自費メニューが求められている背景についてご説明していきましょう。

痛みから解放してくれるなら自費メニューでも

患者さんは、症状から解放されたいと願って施術に通われています。
病院に通っても薬や湿布を処方されるだけで、根本的な解消に繋がらないと治療を諦めている方は少なくありません。

そのような状況の中で「本当に痛みから解放してくれるなら…」と考えている方はとても多いのです。

しかし、保険治療では限界があります。
それは日々、施術に取り組む先生であれば重々承知のことでしょう。

整骨院や接骨院においては、マッサージなど保険治療を行うことができない施術が多く、診療報酬改定の度に議論となり、厳格化される傾向にあります。
ただ、整骨院や接骨院でも診療メニューにおいて、マッサージが必要となることはもちろんのこと、運動療法や電気治療などの物理療法などが必要となる場合もあります。
保険治療だけにこだわってしまうと、患者さんのために本当に必要な施術が出来なくなってしまう可能性が高いのです。

でも、それらの治療法で本当に状態が良くなるのであれば、積極的に受けてみたいと考える患者さんは少なくありません。
それほど、悩みを抱えている方が多いということなのです。

自費メニューは通わなくなる理由にはならない

「自費メニューにしてしまうと、金額が高くなってしまい、通わなくなるのでは?」と考えてしまう治療院経営者は少なくありません。

しかし、何度も通って、治ったか治ってないのか分からないような治療を続けるよりは、「自費メニューでもいいから一回で効果を実感できるほうがいい」と考える方はとても多いのです。
特に悩みを抱えている高齢者の場合、治療院に通うだけでも大変なことです。

痛みなどによって、身体機能が低下しているのであれば、それこそ決死の覚悟で通わねばなりません。
むしろ患者さんは通い続けなければならないことに対して、不安を感じているものです。
そのため「本当に治したい」「悩みを解決したい」という患者さんでしたら、自費メニューとして治療費が高くなったとしてもまったく問題ではありません。

これから自費メニューに取り組んでいきたい、自費移行を成功させたいという整骨院や接骨院であれば、患者さんの意識がどこにあるのか掴んでおく必要があるでしょう。

整骨院や接骨院で自費移行するメリット

患者さんに本当にあった施術を選択することができる
患者さんの満足度が上がるので充実感や達成感を実感することができる
レセプト業務に追われることがなくなる
収入が格段にアップする

保険治療は一部負担のみで治療を受けることができますから、患者さんにとって大きなメリットがあるように感じます。
ただし、それは保険治療で患者さんの症状を改善させることができた場合でしょう。

自費移行するメリットについて4つのポイントにまとめてみましたのでお伝えしていきましょう。

患者さんに本当にあった施術を選択することができる

患者さんに対して、「本当はこの施術の方が効果があるのに…」と保険治療のジレンマを感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

施術家からすれば、患者さんの悩みを解決してこそ、その意義があるはず。
保険治療の範囲内で解決させることができないのは、大きなストレスとなって当然です。

しかし、自費メニューに移行すれば、施術の選択肢が増えますので、患者さんにとっても大きなメリットとなるのではないでしょうか。

特に手技のスキルを磨いてきた施術家にとっては、自費メニューが自分自身の力を発揮できる土俵になるはずです。

患者さんの満足度が上がるので充実感や達成感を実感することができる

施術家にとっては、患者さんの喜ぶ顔、満足されている様子があってこそ、充実感や達成感を感じることができます。
どれだけ、何度も通われているとしても、「いつまで経っても良くならない」と言われてしまえば、開業した意味も認識できなくなってしまいます。

自費メニューで自身が磨いてきたスキルで、患者さんが良くなる姿を見れるとしたら、それは大きな充実感と自信に繋がるのではないでしょうか。

レセプト業務に追われることがなくなる

レセプト業務に取り組んでいるという方も施術家の先生も多いのではないでしょうか。
日々こつこつ取り組んだとしても、なかなか大変な作業です。

しかし、きちんとレセプト業務をしておかねば、収入が入ることはありません。
自費移行に成功すれば、当然ながらレセプト業務に追われるようなことはありません。
レセプト業務に取られていた時間を、施術時間やスキルアップなどに使うことができますので、相乗効果を得ることもできるのではないでしょうか。

収入が格段にアップする

自費メニューになると、金額を自身で定めることができますので、収入は格段にアップします。
収入が上がれば、さらに必要な設備を導入したり、スキルアップのために活用したりといった自身への投資をすることができます。

そうすれば、さらに自費メニューを増やすことができるようになりますから、幅広い施術が可能となり、患者さんからのリクエストに応えることもできるようになります。
それがさらなる評判となって、集客に繋がると言えるでしょう。

スムーズに自費移行したいなら白井雄彦先生のセミナーDVDがおすすめ!

整骨院や接骨院での自費メニューについてお伝えしました。
冒頭からお伝えしている通り、悩みの深い患者さんからは自費メニューが求められています。
その現状に気付いたのであれば、積極的に自費移行に取り組むべきでしょう。

しかし、「どのように自費移行を進めていけばいいのか分からない」という施術家の先生もおられるのではないでしょうか。
自費移行パーフェクトプログラムセミナーDVD<自費移行を成功させる為に必要な8ステップ>』がおすすめです。

自費診療で月商約450万円を毎月コンスタントに叩き出している白井雄彦先生によるセミナー動画です。
白井雄彦先生は、大阪府大阪市といった競合の多い地域において自費移行を成功させている先生です。
コンサルタントからでは学べない生の情報が、DVDで分かりやすく解説されています。

ぜひ手に取って、自費メニューに取り組んでみてください。