最新記事

【佐々木繁光】中臀筋操法

先生、こんにちは。
佐々木マニピュレーションドットコムの佐々木 繁光です!

施術に関して、様々な発見等がありますので、改めて過去のDVDの要点、注意点、どのような症状に使えるかなどを記載してゆきます。
まずは、佐々木マニピュレーション法セミナーDVD第一弾<腰部・骨盤編> です。

「中臀筋操法」の説明です。

まず、最初に中臀筋操法としていますが、股関節の大転子の周りの筋肉に効かせる操法ですので、お間違えの無いようにしてください。
どの様な症状に有効か

股関節症

腰椎5番の調整法、仙腸関節調整法、頸椎一番の調整法などと組み合わせて行うと効果的です。

腰痛

(横向きの姿勢が取れればギックリ腰にも有効、ただし痛い側の腰を上に下姿勢はギックリ腰の方も撮れると思います。)
もちろん様々な腰部・骨盤のテクニックと組み合わせて行うわけです。

膝の痛み

中臀筋操法を行った後に膝に関する調整法を何種類かおこなうわけですが、中臀筋操法を行った後に膝に関する調整法を行うと効果が倍増します。

四十肩

肩に関する筋肉群と上下でつながっていますので右側の中臀筋あたりが硬くなっている方は右肩に障害が出ます。

ですからこれを解放してあげないと肩に関する操法を行っても効果が思わしくないことが多くなります。

「中臀筋操法」の注意点としては、しっかりと股関節の大転子の位置を把握する。
大腿部がベッドと平行に位置させる。
患者さんの足は術者の足の上に置いているだけで持っていない、引っかけるのみ。
大転子を中心として回転するように前後に動かす。
操作する時に遊びを作らないようにする。
前後均等に動かす。
受ける側の足は平行状態をなるべく保って動かす。
重症の方は軽めに速度も患者さんに合った速度で行う。
施術の程度の感覚が分からなかったら患者さんに「いかがですか?痛くないでしょうか」など聞いてください。

佐々木マニピュレーションドットコム
佐々木 繁光


佐々木先生のDVD教材


▼DVD教材▼